Feature Product 最高峰の時計づくりを体感する。

最高峰の時計づくりを体感する。

写真:ジャンニ・プレッシャ 文:河内秀子

ドイツ、ドレスデン近郊の地で最高峰の腕時計をつくりだすA.ランゲ&ゾーネ。時計づくりの一端を体験する「ランゲ・アカデミー」が行われ、各国から選ばれたジャーナリストが参加しました。

最高峰の時計づくりを体感する。
最高峰の時計づくりを体感する。
最高峰の時計づくりを体感する。
グラスヒュッテ。
ザクセン王国の首都、華やかな芸術の街として栄えた東部ドイツの古都ドレスデンから南に30km。チェコとの国境にほど近いエルツの山間の小さな町は、1845年にアドルフ・ランゲが移住して時計工房を始めてから、精巧な機械式時計の聖地として世界中にその名前を知られるようになりました。
今回「ランゲ・アカデミー」が開催されたのは、 グラスヒュッテからさらに奥まった場所にある時計づくり学校。未来のランゲを支えるという高い志と、未知の才能を秘めた若者たちが3年半の修行を積むこの場所は、見渡す限りの緑に囲まれています。サファイヤブルーに酸化加工したピンの頭ほどの小さなビス、ゴールドのシャトン。そっと吐いた息にも吹き飛んでしまいそうな極小のパーツを扱う繊細で緻密な作業には、高い集中力と根気が必要です。もどかしさに焦れても、窓の外に目を向ければ深く静かな緑に心がすーっと落ち着いていきます。そう、ここはまさに修行の場。
「制作工程を見学するだけでなく、実際に体験することで、ランゲの哲学や技術を肌で感じてもらえれば」と8年前に始まったこの「アカデミー」。通常はリテイラーのスタッフらが、時計の仕上げや技術的なディティールを学んでいます。今回はテンプ受けに施されている「エングレービング」、そして「2度組み」に挑戦させてもらいました。
1 / 3p
Feature Product 最高峰の時計づくりを体感する。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。