Feature Product 超短焦点プロジェクターが描き出す壮大なる映像美に、 映像も手がける写真家、桐島ローランドが抱く想いとは。
PROMOTION

超短焦点プロジェクターが描き出す壮大なる映像美に、 映像も手がける写真家、桐島ローランドが抱く想いとは。

写真:筒井義昭 スタイリング:山口友里 文: 高野智宏

壁からわずかな距離があれば120インチという大画面の投影を実現する、LGエレクトロニクスの超短焦点プロジェクター「HU85LS」。最新にして最上位機種に位置付けられるプロジェクターが映し出す映像を、写真家の桐島ローランドさんが体験。ヴィジュアルのプロが先進プロジェクターの実力に迫った。

超短焦点プロジェクターが描き出す壮大なる映像美に、 映像も手がける写真家、桐島ローランドが抱く想いとは。

壁面から13.8cmで120インチの大画面映像を投影する「HU85LS」。その省スペースぶりに、桐島さんも関心しきり。「部屋の真ん中に置いていた時代は、よく人影が映像を遮ってましたよね」と、苦笑し振り返る。

これまで多くの機種を展開してきたLGのプロジェクターシリーズに、この度、最上位機種となる「HU85LS」がラインアップされた。わずか約18cmのスペースさえあれば、壁面に高精細な4K画像を最大120インチで投影できるという、その先進モデルを体験したのは写真家の桐島ローランドさん。画像はもちろん、映像をも手がけるプロフェッショナルの鋭き視点は、「HU85LS」が投影する画像と映像、そして、その斬新なデザインをどう見るのだろうか。

1 / 3p
Feature Product 超短焦点プロジェクターが描き出す壮大なる映像美に、 映像も手がける写真家、桐島ローランドが抱く想いとは。