Feature Food 老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。
PROMOTION

老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。

文:西山 享

着物に関わる悉皆屋(しっかいや)を代々営んできた屋号「中むら」を引き継ぎ、「のれん」を手がける事業をスタートした有限会社中むら代表取締役社長の中村新。現代におけるのれんの魅力や可能性、さらにヱビスビールのものづくりについて話を訊いた。

老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。

中村 新(なかむら しん)●1986年東京生まれ。有限会社中むら代表取締役社長。1923年に東京・神田で創業し2006年まで着物の染めや洗い張り、誂えなどを請負っていた家業の悉皆屋の4代目に就任し、2013年よりのれん事業を開始。デザイナーや職人とともにのれんをつくるディレクターとして活躍。「コレド室町」や「虎屋」などののれんを製作している。 Photo:MICHIHARU BABA

顧客と職人の間に立ち、こだわりののれんを提案する

中村新が代表取締役社長を務める「中むら」は、さまざまなリクエストに応じたのれんをつくる会社である。中村が担っているのは、デザイン会社や設計事務所などから注文を受け、顧客の要望に合わせたのれんの企画提案やデザインと表現に最も適した技術を持った日本各地の職人たちのコーディネートだ。

老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。

クライアントであるデザイナーとの打ち合わせ。職人の技術や現場を熟知しているからこそ、期待される以上の提案ができる。

「家業は永らく呉服に関する仕事をしていましたが、約20年前に廃業、私が約6年前に屋号を継いで再稼働させました。のれんをつくりたいとき、いまはウェブサイトを検索すればすぐに業者が見つかりますが、こだわりのある藍染などの伝統技法でつくるとなると、なかなか見つかりません。一方、腕のある職人たちも顧客とめぐり合う機会がなく、また保有する技術に適さない相談や商習慣の違いなどから、うまくコミュニケーションが取れないという課題も散見されます。この空白を埋めるべく、やるだけの価値があることなんじゃないかと。日本のものづくりを新しい形で始めたいと思ったのが、いまの事業をスタートさせた理由です」と振り返る。

老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。

東京・日本橋の再開発で誕生した商業施設。現在は「コレド室町1・2・3」と日本橋三井タワー、コレド室町テラスの5棟に、中むらが制作したのれんが掲げられている。また、紋のデザインも担当した。

前職は、エネルギー関連の商社で石油製品の営業をしていたという中村。ものづくりに携わる仕事がしたいと会社を辞めた後、縁のあった別注の風呂敷を手がける企業の廃業に伴い一部案件を引き継ぎ、そのなかで大手企業からのれんをつくってほしいという依頼が舞い込んだ。

「のれんをつくってみて感じたのは、のれんをつくる会社はあっても、歴史を深く掘り下げ、染色技術・ストーリー・デザイン・設置方法などをトータルで付加価値として提案する会社は、調べた限りなかったということ。その後、事業を本格的に始め、さまざまな縁に恵まれて職人さんとの繋がりも増えていきました」

老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。

印染めという伝統技法の染色風景。空中に生地を張り、紋やロゴなどの型において刷毛で染めていく伝統技法。

現在協働している職人は、個人から30名ほどの工場まで事業形態はさまざま。依頼に応じて最適な職人をアサインしていく。例えば2019年9月に東京・日本橋にオープンした商業施設のコレド室町テラスの場合、のれんの高さが4m以上あり、天と地で差異を感じさせないよう均等に染める高度な染色技術が必要となり、そのような染色を得意とする職人とともに製作したという。

老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。

2019年9月にオープンした商業施設、コレド室町テラスも担当。人が集う施設というコンセプトから「集」を表現した紋をデザイン。

「私の強みは直接のお客さまであるデザイナー、のれんを制作する職人、それぞれの考えていることが理解できるということ。人と人との関係をつくるという目に見えないものを設計することで価値を生み出していると思っています。いいものをつくるために職人とは本気で言い合える仲だから、職人の強みを活かすことをもっとも大事にしています」と、仕事に対するこだわりを語った。

1 / 2p
Feature Food 老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。