Feature Food 「ヱビス プレミアムエール」を飲みながら【後編】。シンガー・ソングライターの河口恭吾さんが語る、“余韻”につながる...
PROMOTION

「ヱビス プレミアムエール」を飲みながら【後編】。シンガー・ソングライターの河口恭吾さんが語る、“余韻”につながる時間と音楽。

写真:長谷川 潤 文:西野嘉孝 スタイリング:若梅 ヘアメイク:Azuumi フードスタイリング:中澤裕子

忙しい日々の中、喧噪を離れ、ゆったりとした自分だけの時間に訪れる“余韻”。今回、シンガー・ソングライターの河口恭吾さんに、“余韻”を感じる時間と、楽曲についても教えてもらいました。

「ヱビス プレミアムエール」を飲みながら【後編】。シンガー・ソングライターの河口恭吾さんが語る、“余韻”につながる時間と音楽。

河口恭吾(かわぐち・きょうご)●1974年、栃木県生まれ。2003年にリリースした「桜」で第46回日本レコード大賞金賞などを受賞。18年4月には“自分の生きる人生を愛せ”をテーマに2年ぶりのニューアルバム『Live The Life You Love』をリリース。17年からスタートしたデジタル衛星ラジオ局ミュージックバードの「河口恭吾 ブートラジオ」ではメインパーソナリティも務める。

昨年には待望のニューアルバム『Live The Life You Love』をリリースし、最近はラジオパーソナリティとしても活躍するシンガー・ソングライターの河口恭吾さん。
「昔は歌詞を書くのが苦痛でしたが、当時縛られていた恋愛というテーマから解放されることで、楽になりました。デビューから20年が経ったいまは逆に、幼い娘や息子と過ごす日々を恋愛に置き換えてみたりして、歌詞を書く作業がやっと楽しくなってきましたね」
そう話す河口さんが大切にしてきたのは、楽曲を生み出した後の余韻に浸るひと時。心地よい余韻が口の中に残る「ヱビス プレミアムエール」を飲みながら、そんな達成感に満ちた時間の過ごし方や、その雰囲気にぴったりの音楽について話してもらいました。

1 / 2p
Feature Food 「ヱビス プレミアムエール」を飲みながら【後編】。シンガー・ソングライターの河口恭吾さんが語る、“余韻”につながる...