Feature Food 映画監督・白石和彌とバーテンダー・小田健吾が語る、ワイルドターキーが唯一無二のバーボンである理由。
PROMOTION

映画監督・白石和彌とバーテンダー・小田健吾が語る、ワイルドターキーが唯一無二のバーボンである理由。

写真:長谷川 潤 文:西田嘉孝

1942年のブランド誕生から現在に至るまで、世界中の愛好家に飲み継がれてきたプレミアムバーボン「ワイルドターキー」。ウイスキー好きの映画監督・白石和彌と、ブランドアンバサダーとしてワイルドターキー蒸溜所も訪ねたバーテンダー・小田健吾が、ワイルドターキーが体現する唯一無二の魅力を語った。

映画監督・白石和彌とバーテンダー・小田健吾が語る、ワイルドターキーが唯一無二のバーボンである理由。

白石和彌(右)●1974年、北海道生まれ。若松孝二に師事し、助監督を務める。2010年に初長編『ロストパラダイス・イン・トーキョー』を発表。代表作に、国内の映画賞を総なめにした『凶悪』(13年)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17年)、『孤狼の血』(18年)など。
小田健吾(左)●1982年、大阪・堺市生まれ。マンダリン オリエンタル 東京 マンダリンバー ヘッドバーテンダー。ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル。欧州のバー文化に触れバーテンダーの道へ。ワイルドターキーのブランドアンバサダーとしても活躍する。

バラエティ豊かな製品がラインアップされる「ワイルドターキー」。ベーシックな味わいの「ワイルドターキースタンダード」に始まり、日本市場限定で販売される「ワイルドターキー 8年」や「ワイルドターキー 13年」、さらにはライウイスキーの「ワイルドターキーライ」などを展開する。なかでも最高峰に位置づけ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
Feature Food 映画監督・白石和彌とバーテンダー・小田健吾が語る、ワイルドターキーが唯一無二のバーボンである理由。