Feature Food ザ・プレミアム・モルツから始まる、オフの時間。
PROMOTION

ザ・プレミアム・モルツから始まる、オフの時間。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) スタイリング:川合将人 文:小松めぐみ

在宅ワークはオンとオフの切り替えが難しいもの。3拠点で活動するジャーナリストの佐々木俊尚さんに、独自の仕事術と切り替えの秘訣を尋ねた。

ザ・プレミアム・モルツから始まる、オフの時間。

佐々木俊尚(ジャーナリスト)●1961年兵庫県生まれ。毎日新聞社などを経て2003年に独立。ITやメディアを中心に執筆。『仕事するのにオフィスはいらない』(光文社新書)、『そして、暮らしは共同体になる。』(KTC中央出版)など著書多数。

ジャーナリストの佐々木俊尚さんが自宅で仕事を始めたのは、フリーランスになった2003年。在宅ワーク歴17年の佐々木さんいわく、自宅で効率よく仕事をするために大切なのは、時間と集中力を管理することだ。そのためスマホのタイマーを使い、10〜15分間隔で時間を区切りながら作業しているという。

「情報収集や雑用のようなシンプルな仕事と、原稿を書くような重い仕事を15分おきに行うんです。15分で区切ると『もう少しやりたい』という気持ちになるので、やる気が続きます。嫌になる前に別の仕事に取り掛かるのがコツ。テレビのチャンネルを次々に変えるのをザッピングといいますが、それと同じように仕事もこなすんです。自分でザッピングワーキングと勝手に呼んでいます」

この方法を始めたのは、福井に3つめの拠点を構えた5年ほど前のこと。拠点間の移動日は仕事ができないため、時間を有効活用したいと思ったことがきっかけだ。

1 / 3p
Feature Food ザ・プレミアム・モルツから始まる、オフの時間。