Feature Food 「アサヒ スタイルフリー<生>」の飛躍したおいしさを、雅楽師・東儀秀樹さんが発見する。
PROMOTION

「アサヒ スタイルフリー<生>」の飛躍したおいしさを、雅楽師・東儀秀樹さんが発見する。

写真:宇田川 淳 文:高野智宏

4月3日、アサヒ スタイルフリーが「アサヒ スタイルフリー<生>」として新たに発売されました。そこで、新発売にちなんで革新性や発想の源泉などをテーマにクリエイターや料理人4名にインタビュー&試飲体験を実施。雅楽師の東儀秀樹さんには、自身の表現力が飛躍的に向上したと感じた時を振り返ってもらいました。

「アサヒ スタイルフリー<生>」の飛躍したおいしさを、雅楽師・東儀秀樹さんが発見する。

東儀秀樹●1959年、東京都生まれ。1300年間にわたり雅楽を世襲する楽家に生まれる。幼少期を海外で過ごし、多彩な音楽に触れるなかロックに傾倒。高校卒業後、宮内庁楽部に入庁。雅楽師として、宮中儀式などで活躍する。1996年にアルバム『東儀秀樹』でデビュー後、多くの作品を発表し、多数の受賞歴を誇る。現在も音楽活動を中心に俳優や執筆にも挑戦し、精力的に活動する。

〝糖質ゼロ(※)〟はそのままに、麦の使用量をスタイルフリー史上最大量となる1.3倍もの増量に成功した「アサヒ スタイルフリー<生>」。技術革新により、飲みごたえが飛躍的に向上しました。今回は、「最近は音がより柔らかく優しくなったと言われます」と話す雅楽師の東儀秀樹さんにインタビュー。篳篥(ひちりき)を中心とした雅楽器で、古典雅楽からロック、そしてオリジナルと多くの楽曲を発表し高い評価を受け続ける東儀さんにも、表現力の飛躍を感じる出来事があったようです。かつてはロックバンドでの活躍を志していた東儀さんが、なぜ雅楽師の道を選んだのか。そして表現力が飛躍した、そのきっかけを語っていただきました。


※栄養表示基準による

Feature Food 「アサヒ スタイルフリー<生>」の飛躍したおいしさを、雅楽師・東儀秀樹さんが発見する。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018