Feature Food ロボットクリエイター・高橋智隆さんが、「アサヒ スタイルフリー<生>」に感じたギャップとは?

ロボットクリエイター・高橋智隆さんが、「アサヒ スタイルフリー<生>」に感じたギャップとは?

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:高野智宏

4月3日、アサヒ スタイルフリーが「アサヒ スタイルフリー<生>」として新たに発売されました。そこで、新発売にちなんで革新性や発想の源泉などをテーマにクリエイターや料理人4名にインタビュー&試飲体験を実施。今回は、ロボットクリエイターの高橋智隆さんから、ロボット開発における意外なお話を伺いました。

ロボットクリエイター・高橋智隆さんが、「アサヒ スタイルフリー<生>」に感じたギャップとは?

高橋智隆●1975年、京都府生まれ。京都大学工学部卒業時に学内ベンチャー企業「ロボ・ガレージ」を創業。以降、全70号の雑誌付録パーツでロボットを組み立てる「週刊ロビ」や、ロボット宇宙飛行士「キロボ」、スマートフォン内蔵の「ロボホン」など、話題のロボットを開発するロボットクリエイター。現在、東京大学先端科学技術研究センター特任准教授。

新発売の「アサヒ スタイルフリー<生>」は、糖質ゼロ(※)はそのままに、麦の使用量をスタイルフリー史上最大量となる1.3倍もの増量に成功。麦ならではの豊かな味わいと飲みごたえは、「糖質ゼロ(※)」という言葉から想像する味をよい意味で裏切り、嬉しいギャップを感じられるはずです。ギャップといえば、ロボットクリエイターの高橋智隆さんが生み出すロボットたちは、先進の機能を搭載する最先端技術の結晶ながら、なにより可愛らしく愛嬌があります。その理由を、高橋さんは「デザインも本質的な機能のひとつ」と言います。なぜ、ロボットに可愛らしいルックスを纏わせるのか。そして、高橋さんが思い描くロボットのある生活とはどのようなものなのでしょうか。


※栄養表示基準による

Feature Food ロボットクリエイター・高橋智隆さんが、「アサヒ スタイルフリー<生>」に感じたギャップとは?