Feature Food リフレッシュする昼飲みのおともにチョークボーイさんが選ぶ、「アサヒ スタイルフリー<生>」。
PROMOTION

リフレッシュする昼飲みのおともにチョークボーイさんが選ぶ、「アサヒ スタイルフリー<生>」。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:吉田 桂

スマートな生きかたを糖質ゼロ(※)で応援する「アサヒ スタイルフリー<生>」は、今年さらに麦の味わいがアップ。そんな同商品を、生きかたにこだわるスマートな3人のクリエイターが試飲し、印象を語ります。最終回は、手描きアーティストのチョークボーイさんが登場します。

リフレッシュする昼飲みのおともにチョークボーイさんが選ぶ、「アサヒ スタイルフリー<生>」。

チョークボーイ●1984年、大阪府生まれ。高校でビジュアルデザインを学び、グラフィックデザイナーとして就職したのち、ロンドンのアートスクールに留学。2007年に帰国後、アルバイトで働いていたカフェで黒板にメニューを描くうちにそのチョークアートが評判となり、13年にアーティスト活動をスタート。18年には手描き集団「WHW!」設立。

糖質ゼロ(※)を維持したまま、さらに麦の使用量をアップすることに成功した「アサヒ スタイルフリー<生>」。無理なく軽やかにいまを生きる、スマートな人々に選ばれています。

あらゆるものがPC上でデザイン可能な現代において、手描きの魅力を広めようとカフェの黒板にチョークで文字や絵を描いたり、万年筆で企業ロゴをデザインしたりする活動を続けるチョークボーイさん。2019年3月には、いまでは街から姿を消しつつある表札・看板屋を中目黒にオープンし、注目を集めました。そんなチョークボーイさんは、実は大のビール好き。今回は「アサヒ スタイルフリー<生>」を飲みつつ、“手描き”にこだわる理由について語っていただきました。


※食品表示基準による

1 / 3p
Feature Food リフレッシュする昼飲みのおともにチョークボーイさんが選ぶ、「アサヒ スタイルフリー<生>」。