Feature Food 秘境の地で巡り合う、ラムと和の匠たち。

秘境の地で巡り合う、ラムと和の匠たち。

写真:森山将人(mili)

最高峰のプレミアムラムとして、世界中で高い評価を得ている「ロン サカパ」。誕生の地である中米のグアテマラに足を踏み入れ、その味わいの魅力に迫りました。

秘境の地で巡り合う、ラムと和の匠たち。

琥珀のやわらかい色がグラスの中で揺れ、見た目にコニャックのような優雅さをもつプレミアムラム「ロンサカパ」。海抜2300mの、雲よりも高い場所で長期熟成により生まれるその味わいは、奥深く、神秘的な魅力を飲む者に与えます。

そんなラムに感銘を受けたひとりが、今回取材に同行いただいた名古屋を拠点に活躍する日本料理人、大谷重治さん。彼は「日本の料理」をテーマに、世界各地に足を運び、現地の食材や料理人とセッションを行う、型にとらわれない日本料理人でもあります。大谷さんとともに、この秘境の地を巡るところから始まります。

1 / 4p
Feature Food 秘境の地で巡り合う、ラムと和の匠たち。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。