Feature Food ジャパニーズウイスキーを味わうチョコレート「YOIYO <KOMAGATAKE>」。開発に秘められた想いに迫る。
PROMOTION

ジャパニーズウイスキーを味わうチョコレート「YOIYO <KOMAGATAKE>」。開発に秘められた想いに迫る。

写真(p1,p4の1、3枚目):岡村昌宏(CROSSOVER) スタイリング:廣松真理子 文:小久保敦郎(サグレス) 写真(P2〜P3,P4の2枚目):八木伸司

ロッテの新ブランド「YOIYO」は、ひと粒に日本のジャパニーズウイスキーを閉じ込めたチョコレート。店頭販売を主戦場としてきたロッテにとって、初のD2C商品でもある。第一弾の「YOIYO <KOMAGATAKE>」は、妥協なき原酒選びによって誕生した。

ジャパニーズウイスキーを味わうチョコレート「YOIYO <KOMAGATAKE>」。開発に秘められた想いに迫る。

「日本のクラフト酒とコラボしたチョコレート」という新たな視点で開発されたロッテの新ブランド「YOIYO」。寛いだ夜のひと時、こだわり抜いたひと粒が大人の時間に寄り添う。

「Bacchus」や「Rummy」に代表される洋酒入りチョコレートをつくり始めて約半世紀。そのロッテがこの春、新ブランド「YOIYO」を立ち上げた。ひと粒のチョコレートに閉じ込めるのは、日本各地でつくられるクラフト酒。今回、第一弾としてコラボレーションしたのが、流通数が限られるシングルモルトウイスキー「駒ヶ岳」だ。

そもそも新ブランド「YOIYO」が生まれた背景には、外から中へという新しい生活様式への適応が進むいま、より豊かな時間を自宅で過ごせるようにロッテとしてなにができるのか、という模索があったという。日本のクラフト酒入りチョコレートというこだわりの商品が開発された経緯、そして込められた想いを聞いた。

1 / 4p
Feature Food ジャパニーズウイスキーを味わうチョコレート「YOIYO <KOMAGATAKE>」。開発に秘められた想いに迫る。