Feature Food 土井善晴が新しくなった淡麗グリーンラベルを体験。「時代を象徴するおいしさです」
Powered by KIRIN

土井善晴が新しくなった淡麗グリーンラベルを体験。「時代を象徴するおいしさです」

写真:小野広幸 文:久保寺潤子

料理研究家として家庭料理の大切さ、和食の考え方をわかりやすく伝える土井善晴さんに「カラダ、気持ちいいおいしさ。」をコンセプトに、この春新しくなった「淡麗グリーンラベル」を体験してもらった。プロの目線で語ってくれた、味わいの第一印象とは。

土井善晴が新しくなった淡麗グリーンラベルを体験。「時代を象徴するおいしさです」

土井善晴●料理研究家。1957年、大阪府に生まれる。大学卒業後、スイス、フランスでフランス料理を、大阪で日本料理を修業。料理学校講師を経て独立。92年「おいしいもの研究所」を設立。テレビや雑誌で料理を指導する他、レストラン等のプロデュース、十文字学園女子大学招聘教授・甲子園大学客員教授・東京大学先端科学研究センター客員研究員などを務める。著書に『一汁一菜でよいという提案』(グラフィック社)、『土井善晴の素材のレシピ』(テレビ朝日 )他多数。

スイス、フランスでフランス料理を学び、帰国後は日本料理店でいちから修業をした土井善晴さん。1992年に「おいしいもの研究所」を設立し、変化する食文化と周辺を考察しながら家庭料理の本質と日本らしい食のあり方を発信し続けている。和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、世界でも評価が高まっている昨今、私たち日本人は和食についてもっと知るべきだと、土井さんは言う。

「みんながいいというからおいしいというのではいけない。料理をするという作業は、相手のことを考え、自然のことを考えること。つまり、そこには関係性が生まれます。自分が食べたいものだけを考えていては、おいしさの幅は広がらないんです」。誰かのために料理をつくったり、つくってもらったり、大切なのは関係性なのだという。「いい食材に出合ったらそれをいかに調理するか、それに合わせてなにを飲むのか。誰とどういうシーンで食事をするのか。その場その場で最善のものを選んでいくのが、その人のセンスといえるでしょう」。そう語る土井さんに、2020年の春に新しくなった「淡麗グリーンラベル」を飲んでもらった。

1 / 3p
Feature Food 土井善晴が新しくなった淡麗グリーンラベルを体験。「時代を象徴するおいしさです」
Feature Product 世界初のLED式デジタル腕時計が復刻! 「ハミルトン PSR」のデザインを語ろう。
Feature Product 世界初のLED式デジタル腕時計が復刻! 「ハミルトン PSR」のデザインを語ろう。