Feature Food 神奈川にある“南米”、愛川町で絶品ペルー風ハンバーガーや激辛サルサソースに悶絶する。【食のカイ・カン 】Vol.3

神奈川にある“南米”、愛川町で絶品ペルー風ハンバーガーや激辛サルサソースに悶絶する。【食のカイ・カン 】Vol.3

写真:香賀万里和 文:森 一起

レモンサワーブームを巻き起こしたバーオーナーの田中開(かい)さんと、レストランをプロデュー スするなど飲食界を牽引し続けるシェフの森枝幹(かん)さん。食をめぐる話題をお届けする連載。Vol.3は、都心から車で約1時間の南米料理の楽園、神奈川県愛川町で見つけたペルー料理店へ。絶品ハンバーガーからほっとする甘さのプリンまで、新たな味覚を追求する。

神奈川にある“南米”、愛川町で絶品ペルー風ハンバーガーや激辛サルサソースに悶絶する。【食のカイ・カン 】Vol.3

ペルー料理店「deli’s ケーキ&コーヒー」を営む姉弟と記念撮影。親しみやすいキャラで、国境を超えてすぐに誰とでも打ち解けてしまう「カイ・カン」コンビ。

長崎県五島市と組んだ「五島の魚プロジェクト」では、捨てられることが多い未利用魚を使った「五島のフィッシュハム」を開発。渋谷パルコに昨年オープンしたタイ料理店「CHOMPOO(チョンプー)」では煮干しラーメンとコラボするなど、国境やジャンルを飛び越えた自由な発想で食に臨む森枝幹さん。ペルーは未訪だが、メキシコなど中南米の食文化にも造詣が深い。ドイツ人の父をもつ田中開さんも、中華からキューバ料理まで世界を股にかけた食いしん坊だ。そんな彼もコロンビアには何度も訪れたが、ペルーは未知の土地だという。

これまでさまざまな旅の記憶をアイデアの根源に、魅惑的な食をプロデュースしてきたふたりは、日頃からエスニックな食材や調味料を求めて、いろいろな場所を訪れている。その中でも、前回の「いちょう団地」同様、外国人が多く住むエリアは、食材ハンティングの重要な候補地。今回は南米の食材を探していた幹さんがハンバーガーの垂れ幕に誘われて入ったら、絶品のペルー料理を楽しめる店だったという「deli’s ケーキ&コーヒー」を紹介。東名高速道路を使えば、都心からクルマで約1時間で到着だ。


Vol.1「骨太なのに軽やかな‟ヤミツキ中華”の人気店を大解剖。」はこちら

Vol.2  「都心から1時間のリアルべトナム”で知られざるディープな味覚とタピオカを満喫する」はこちら

神奈川にある“南米”、愛川町で絶品ペルー風ハンバーガーや激辛サルサソースに悶絶する。【食のカイ・カン 】Vol.3

工業団地の巨大な施設が立ち並ぶ中に忽然と現れる、アメリカの郊外にあるような素朴なダイナー。

1 / 4p
Feature Food 神奈川にある“南米”、愛川町で絶品ペルー風ハンバーガーや激辛サルサソースに悶絶する。【食のカイ・カン 】Vol.3
Feature Product 松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。
Feature Product 松任谷正隆さんと行く、新宿 北村写真機店の楽しみ方。