Feature Food “都心から1時間のリアルベトナム”、いちょう団地で知られざるディープな味覚とタピオカを満喫する。【食のカイ・カン ...

“都心から1時間のリアルベトナム”、いちょう団地で知られざるディープな味覚とタピオカを満喫する。【食のカイ・カン 】Vol.2

写真:香賀万里和 文:森 一起

レモンサワーブームを巻き起こしたバーオーナーの田中開(かい)さんと、レストランをプロデュースするなど飲食界を牽引し続ける森枝幹(かん)さん。プライベートでも仲がいいふたりが、食をめぐる話題をお届けする連載。Vol.2は都心から電車で約1時間で行ける小さくてリアルなベトナム、神奈川県の「いちょう団地」へ大人の遠足を決行した。

“都心から1時間のリアルベトナム”、いちょう団地で知られざるディープな味覚とタピオカを満喫する。【食のカイ・カン 】Vol.2

見知らぬ町の怪しげな建物の前で、約束の時間になっても到着しない開さんを待つ幹さん。

自らがプロデュースした社員食堂レストラン「UB1 TABLE(ユービーワンテーブル)」で本場タイ仕込みのガパオライスを出したり、昨年も新生渋谷パルコに、タイ料理店「CHOMPOO(チョンプー)」をオープンしたりと東南アジアの食にも造詣が深い森枝幹さん。もちろん、これまでに幾度となくタイを訪れ、ベトナムにも6回出かけている。一方、ドイツ人の父をもつ田中開さんも世界を股にかけた食いしん坊。今年1月には表参道・ジャイルに食のフロア「GYRE.FOOD」を手がけ、話題を呼んでいる。

Vol.1「骨太なのに軽やかな‟ヤミツキ中華”の人気店を大解剖。」はこちら

そんなふたりにとって、旅の記憶はさまざまなアイデアの根源、そしてまだ見ぬ食材や調味料を知る大切な時間だ。ただ、忙しいふたりゆえ旅に出る時間はそうそう取れない……。そんな中、都心からたった1時間ほどで“ほぼベトナム”な団地があるという噂が。台湾に負けないタピオカの味も確かめようと、いざ神奈川県のいちょう団地へ。JR新宿駅から電車で約1時間。小田急電鉄江ノ島線の高座渋谷駅で下車して、徒歩20分ほどで到着だ。

“都心から1時間のリアルベトナム”、いちょう団地で知られざるディープな味覚とタピオカを満喫する。【食のカイ・カン 】Vol.2

どこか懐かしい昭和レトロな団地には、巨大な給水塔が立っている。

1 / 5p
Feature Food “都心から1時間のリアルベトナム”、いちょう団地で知られざるディープな味覚とタピオカを満喫する。【食のカイ・カン ...
Feature Product 19世紀からの伝統を継ぐ、A.ランゲ&ゾーネの魅惑のコレクション
Feature Product 19世紀からの伝統を継ぐ、A.ランゲ&ゾーネの魅惑のコレクション