Feature Food 【食のカイ・カン 】Vol.1 食カルチャー最前線を走るふたりが、骨太なのに軽やかな‟ヤミツキ中華”の人気店を大解剖。

【食のカイ・カン 】Vol.1 食カルチャー最前線を走るふたりが、骨太なのに軽やかな‟ヤミツキ中華”の人気店を大解剖。

写真:長谷川 潤 文:森 一起

レモンサワーブームを巻き起こしたバーオーナーの田中開(かい)さんと食通も集うレストランのオーナーシェフとして飲食界を牽引してきた森枝幹(かん)さん。プライベートでも仲がいいふたりが、食をめぐる話題を毎回お届けします。Vol.1は、「いま最も予約が取れない」と言われる中華の店へ。その魅力をひも解いてくれました。

【食のカイ・カン 】Vol.1 食カルチャー最前線を走るふたりが、骨太なのに軽やかな‟ヤミツキ中華”の人気店を大解剖。

偶然、白のTシャツで現れた主役のふたり。ドアを開けると、シェフも同じ白Tシャツ。対談前から和やかな同世代ムードに包まれ、急ピッチで話が盛り上がります。

バーのオーナーとレストランのシェフ、90年代生まれと80年代生まれ、作家の孫と写真家の息子……。プロフィールを見ると、どこか通ずるところがありつつ好対照をなすふたり。しかし根っからの食いしん坊、日本人離れした長身、酒好きなど、いくつもの共通点がある彼らは、よく一緒に食べ歩き、飲み歩く盟友です。店での会話からアイデアが生まれることも多く、そこで吸収した知識や味覚がクリエイティブの源泉になっていると言います。食カルチャーの最前線を走るふたりは、いまどんな店に注目しているのでしょうか? 実際にいま気になる店に同行し、彼らの視線や頭の中をのぞき見する連載シリーズ「食のカイ・カン」。第1回は、オープンと同時に予約が取れない店となった恵比寿の中華料理店「サエキ飯店」へ。ふたりと世代が近い店主の佐伯悠太郎さんと話しながら、その魅力をひも解きます。

【食のカイ・カン 】Vol.1 食カルチャー最前線を走るふたりが、骨太なのに軽やかな‟ヤミツキ中華”の人気店を大解剖。

カタカナの軽やかさと、「飯店」というクラシックな響きとが絶妙にマッチした店名。

1 / 3p
Feature Food 【食のカイ・カン 】Vol.1 食カルチャー最前線を走るふたりが、骨太なのに軽やかな‟ヤミツキ中華”の人気店を大解剖。