Feature Food 新しいタイ料理とは? いまの東京を代表する2店で食べ比べ!【食のカイ・カン 】Vol.4

新しいタイ料理とは? いまの東京を代表する2店で食べ比べ!【食のカイ・カン 】Vol.4

写真:香賀万里和 文:森 一起

レモンサワーブームを巻き起こしたバーオーナーの田中開(かい)さんと、飲食界を牽引するシェフの森枝幹(かん)さんが食を巡る話題をお届けする連載。Vol.4は、幹さん自身がプロデュースする「チョンプー」に、ふたりが敬愛するタイ料理家みもっと先生を招いてスタート。続いてみもっと先生の店「みもっと」に舞台を移し、いまの東京を代表するタイ料理を食べ比べした。

新しいタイ料理とは? いまの東京を代表する2店で食べ比べ!【食のカイ・カン 】Vol.4

左から田中開さん、みもっと先生、森枝幹さん。後ろで鍋と包丁を持つのは「チョンプ―」のシェフのギャプさん。

シドニーのレストラン「Tetsuya’s」で料理歴をスタートした森枝幹さん。2000年初頭のオーストラリアには、世界の食を牽引するレストランがいくつもオープンしたが、その中でも特に刺激を受けたのが新しいタイ料理の世界だったという。その後帰国し、表参道では和食、日本橋では分子調理レストラン、下北沢のレストランではサステイナブルで枠にとらわれない自由な料理で森枝ワールドをつくり上げた。一方、ドイツ人の父をもつ田中開さんも、世界を股にかけた食いしん坊だ。そんな彼もタイ料理のメニューで即座に浮かぶのは、グリーンカレーにトムヤンクン、パッタイ、ガパオと片手の指で足りる程度の認識。もう一品浮かんで形状を説明すると、「それってベトナム料理だろ」と幹さんから突っ込まれ、みもっと先生には「それって、バインセオだと思うよ」と優しく訂正される。美食家の開さんでさえ未知の領域である、タイ料理の世界をもっと知ってもらいたい。食の世界でリスペクトされにくい最後のエスニックとも言われるタイ料理の地位を向上させたいと、「食のカイ・カン」コンビ+みもっと先生が立ち上がる。まずは幹さんがプロデュースする、渋谷の「チョンプー」を訪れた。

1 / 3p
Feature Food 新しいタイ料理とは? いまの東京を代表する2店で食べ比べ!【食のカイ・カン 】Vol.4
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ④ベンチュラ編
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ④ベンチュラ編