Feature Food 山田五郎も唸った“一期一会のビール”。 “伝説”と“奇跡”、2つの希少ホップが生む味わいとは!?
Powered by JAPAN PREMIUM BREW

山田五郎も唸った“一期一会のビール”。 “伝説”と“奇跡”、2つの希少ホップが生む味わいとは!?

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:吉田 桂

北海道の上富良野で生産され、“伝説”や“奇跡”と称される希少なホップを使ったビール2種が数量限定で発売されます。その個性が際立つ味わいを、編集者であり評論家である山田五郎さんが体感しました。

山田五郎も唸った“一期一会のビール”。 “伝説”と“奇跡”、2つの希少ホップが生む味わいとは!?

限定発売されるビールが注がれたグラスを手にほほ笑む、ビール好きの山田五郎さん。

2017年に、全世界で生産されたホップの量は約1億1000万kgにのぼります(※)。一方、サッポロビールの100%子会社であるジャパンプレミアムブリューが今回つくった新たなビールブランド「Once in a Lifetime Chance」で使用されたホップ「上富良野産のソラチエース」と「上富良野産のフラノマジカル」は、それぞれ80kgと100kg程度しか生産されていない大変希少なホップです。この希少なホップからつくられたビールとは、いかなる味わいのものなのでしょう。そのホップを開発したサッポロビール北海道原料研究センターを訪れるとともに、いち早くこの新製品を味わった山田五郎さんに、その香りから味わいまでたっぷりと感想を聞きました。


※出典:HOPSTEINER社のGUIDELINE FOR HOP BUYING

山田五郎も唸った“一期一会のビール”。 “伝説”と“奇跡”、2つの希少ホップが生む味わいとは!?

奇跡のホップ「ソラチエース」と、伝説のホップ「フラノマジカル」を使った2つのビール。缶には希少性を表す宝石がデザインされています。

Feature Food 山田五郎も唸った“一期一会のビール”。 “伝説”と“奇跡”、2つの希少ホップが生む味わいとは!?

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。