Feature Food “熟成”の奥深さを感じさせるウイスキー、「富士山麓 シグニチャーブレンド」の魅力。
Powered by KIRIN

“熟成”の奥深さを感じさせるウイスキー、「富士山麓 シグニチャーブレンド」の魅力。

写真:殿村誠士 文:佐野慎悟

時間の経過とともに、ものに付加価値を与える〝熟成〞という概念。異なる分野で活躍する二人が「食」と「酒」の垣根を越え、奥深い熟成の魅力に迫ります。

“熟成”の奥深さを感じさせるウイスキー、「富士山麓 シグニチャーブレンド」の魅力。

生ハムやパテ、ベーコンなどの肉料理に添えられた「富士山麓 シグニチャーブレンド」。バニラ、はちみつ、トーストといった共通のフレーバーも多く、ペアリングの相性は抜群だ。

ウイスキーの味わいや香りを左右する、原酒の熟成度。「富士山麓 シグニチャーブレンド」は、原酒それぞれの特長が最も華やぐタイミングである熟成のピーク、すなわち「マチュレーションピーク」を迎えた状態の原酒のみを厳選してブレンドしている点が、最大の特長です。今回、キリンビールのマスターブレンダーである田中城太さんが、食の分野における熟成のプロと邂逅。ビストロ「下北沢熟成室」のオーナーシェフ、福家征起さんに持参してもらった肉料理を囲み、熟成がもたらす不思議な効果について語り合いました。

Feature Food “熟成”の奥深さを感じさせるウイスキー、「富士山麓 シグニチャーブレンド」の魅力。