Feature Food “本物”のダッチオーブン「コンベック」で、旨味たっぷりの休日料理を楽しもう。

“本物”のダッチオーブン「コンベック」で、旨味たっぷりの休日料理を楽しもう。

写真:宇田川 淳 スタイリング:廣松真理子 文:岩崎香央理

ダッチオーブンといえばアウトドアで活躍するものという印象がありますが、このオランダ生まれの「コンベック」は、自宅のキッチンに並べておきたいスタイリッシュなデザイン。短時間で料理をおいしく仕上げられるこの鍋ならではの料理を、レシピとともに紹介します。

“本物”のダッチオーブン「コンベック」で、旨味たっぷりの休日料理を楽しもう。

アウトドアでも、自宅のキッチンでも存在感を発揮する、シンプルで美しいデザインのダッチオーブンです。

ダッチオーブンは、“ダッチ”と名のつく通りオランダを由来としながらも、オランダ製が長らく存在しなかったことをご存じでしょうか?  製造の起源は300年以上も前でありながら、本国では生産が途絶えており、それを蘇らせたのが、オランダ人デザイナーのマーク・スビエールです。「オランダでもう一度ダッチオーブンの生産を」という思いのもと、「廃材に息を吹き込む」という意味も込め、「Come back(カムバック)」にかけて"COMBEKK(コンベック)"と名づけたのです。

コンベックに使われている鋳鉄とは、なんと廃線になった鉄道のレール!  時を超えたロマンを秘めつつ、ダッチオーブンの質実剛健さはそのままに、武骨すぎないスマートなデザインを実現しました。本体に埋め込まれた丸窓のサーモメーターも、「真面目だけれど愛嬌のあるヤツ」という印象を与えてくれます。

手に持つとずっしり重たく、蓋も厚手。蓄熱性に優れているため、料理を短時間で驚くほどおいしく仕上げてくれます。煮る・焼く・蒸す・揚げるなど、さまざまな調理を得意とするコンベック。今回つくるのは、「ビターバレン」「魚介のスモーク」「スペアリブのロースト」の3品。ダッチオーブンの魅力を活かした、野趣あふれる料理をお愉しみあれ。

Feature Food “本物”のダッチオーブン「コンベック」で、旨味たっぷりの休日料理を楽しもう。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018