キリン「47都道府県の一番搾り」が、この夏、パーティを大いに盛り上げる、その理由とは。

写真:宇田川淳 文:高野智宏

〝地元の誇りをおいしさに変えて〟をスローガンに、各地域で暮らす方と一緒になってつくりあげたキリンの「47都道府県の一番搾り」が今年も登場しました。今回、そんな全国の一番搾りの味わいを、写真家の桐島ローランドさんとその仲間たちにBBQパーティを舞台に楽しんでもらいました。

キリン「47都道府県の一番搾り」が、この夏、パーティを大いに盛り上げる、その理由とは。

桐島ローランド●1968年横浜生まれ。小学校3年でNYへ移住。ニューヨーク大学・芸術学部写真科を卒業。ニューヨークで写真家として活動を始め、1993年、活動の拠点を東京に移す。父親はアメリカ人、母親は作家の桐島洋子。2007年のダカール・ラリーにモーターサイクル部門で初参戦し、完走。茶道・バイクにも精通している。

昨年、大好評を博したキリンの「47都道府県の一番搾り」が、今年も登場。47種類のCMでご存じの方も多いのではないでしょうか。4月末より、「甲信越&東海&北部九州」「関東」「関西&南部九州&沖縄」と、各エリアをセットとし順次発売されてきた「47都道府県の一番搾り」ですが、この8月8日に発売される「北海道&東北&北陸」「中国&四国」をもって、47都道府県全ラインアップが勢揃いします。

そんな、気質や風土に合わせた個性を感じる味わいを楽しめる「47都道府県の一番搾り」を、ひと足先に体験してもらったのは、写真家の桐島ローランドさん。実は桐島さん、静岡県の御殿場市に所有するスタジオで、毎年夏、友人や仕事仲間を集めてBBQパーティを開催するおもてなし好き。今回も「せっかくだから、みんなで楽しみましょう!」と、友人を招集。「47都道府県の一番搾り」飲み比べBBQパーティを開催する運びとなりました。