Feature Fashion 【ザネラート クリエイターに寄り添うバッグ】Vol.4 “クリエイション”を賛美する、平野啓一郎の美学。
PROMOTION

【ザネラート クリエイターに寄り添うバッグ】Vol.4 “クリエイション”を賛美する、平野啓一郎の美学。

写真:森山将人(mili) 文:飴李花

モノやコトの本質に向き合い表現をするクリエイターと、デザイン性と機能性を追求するザネラートのバッグは、さまざまな部分でシンクロします。そこで、各分野のトップランナーに密着し、“ザネラートがある日常”を観察。そのリアルな魅力に迫ります。

【ザネラート クリエイターに寄り添うバッグ】Vol.4 “クリエイション”を賛美する、平野啓一郎の美学。

いい仕事の現場に上質なバッグは欠かせません。京都大学在学中に華々しく文壇デビューし、「三島由紀夫の再来」とまで謳われた平野啓一郎さんは、普段持ち歩く荷物が決して多くないタイプ。しかし、バッグがなくても事足りる日もある、でも手ぶら男のどこか間の抜けた雰囲気をよしとしないという、高い美意識をもっています。そんな平野さんがバッグを選ぶ際に重視するのは、持ったときの佇まいや、クリエイションとしての完成度。ザネラートのアイコンでありマスターピースでもある「ポスティーナ」は、平野さんの目にどのように映ったのでしょうか。

Feature Fashion 【ザネラート クリエイターに寄り添うバッグ】Vol.4 “クリエイション”を賛美する、平野啓一郎の美学。

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。