Feature Fashion 誕生から25年を迎えたフリースは、「ユニクロ」になにをもたらしたのか?

誕生から25年を迎えたフリースは、「ユニクロ」になにをもたらしたのか?

写真:加藤佳男 スタイリング:小野塚雅之 ヘア:勝健太郎 文:海老原光宏

ユニクロがフリースの発売を開始したのは1994年。いまではユニクロの代名詞となったこの製品は、どのように進化を遂げているのか。また、数々のデザイナーとのコラボで培われたクリエイティビティは、ユニクロになにをもたらしているのだろうか。改めてひも解き、検証する。

誕生から25年を迎えたフリースは、「ユニクロ」になにをもたらしたのか?

今年25周年を迎えるユニクロのフリース。着心地、仕様を追究し、ユニクロを代表するアイテムとなった。著名デザイナーが手がける各コレクションでもその素材感を活かしたアイテムを発表している。やわらかな質感の写真のフリースは、クリストフ・ルメールとのコレクションによるもの。

ヒートテック、エアリズム、ウルトラライトダウン……。どれも日本を代表するグローバルブランド・ユニクロの主要アイテムだ。では最もユニクロを象徴するアイテムといったらなんだろう? それはやはり、今年25周年を迎えたフリースではないだろうか。

ユニクロは、フリースによって“ファッション”ブランドになったといっても過言ではない。前述したアイテムはどれもフリース後に話題となったもの。究極のベーシックであり、25年経ったいまなお進化するユニクロのフリースとは、同社にとってどのような存在なのかを探ろう。

1 / 6p
Feature Fashion 誕生から25年を迎えたフリースは、「ユニクロ」になにをもたらしたのか?