Feature Fashion 書家・吉川壽一×デザイナー・菊池武夫、“書”がつないだ新たなクリエイションの世界とは。
PROMOTION

書家・吉川壽一×デザイナー・菊池武夫、“書”がつないだ新たなクリエイションの世界とは。

写真:杉田裕一 文:遠藤 匠

日本伝統の書の世界に新風を吹き込んできた書家の吉川壽一さんと、日本のファッションシーンを牽引し続けてきたデザイナーの菊池武夫さん――。ふたつの才能がめぐり合い、新たなコラボレーションが誕生しました。その魅力を、ふたりの対談を通してひも解きます。

書家・吉川壽一×デザイナー・菊池武夫、“書”がつないだ新たなクリエイションの世界とは。

福井県にある吉川壽一さんのアトリエで初対面し、コラボレーションに挑んだふたり。吉川さんが選んだ「龍」「武」「明」「無」という4つの文字を、ふたりの合作としてほぼ即興で書くことから制作はスタートした。背景にあるのが、その作品。

伝統に根ざした書の世界に新風を吹き込んできた書家の吉川壽一さんと、ファッションシーンで新たな世界を切り開いてきたデザイナーの菊池武夫さん。それぞれのフィールドで才能を遺憾なく発揮し、業界を牽引してきたふたりのコラボレーションが実現しました。

吉川さんのアトリエで出会ったふたりはともに筆を取り、ほぼ即興でいくつかの文字を書くことに。そして、その作品を菊池さんがデザインに取り入れ、ひとつのコレクションとして仕立て上げました。ふたつの感性がぶつかり合って生み出されたダウンジャケットやシャツ、カットソーは、それを身に纏うだけで力がわいてきそうなほどエネルギーに満ちあふれています。今回は、その刺激的な制作過程をふたりに振り返ってもらいながら、コレクションの魅力に迫りました。

書家・吉川壽一×デザイナー・菊池武夫、“書”がつないだ新たなクリエイションの世界とは。

コレクションのひとつであるダウンジャケット。バックプリントに配されたのは、「明」という文字を書いた作品。“日”の部分は菊池さん、“月”の部分は吉川さんがそれぞれ担当した。筆致やサイズ感にふたりのキャラクターがにじみ出ている。

Feature Fashion 書家・吉川壽一×デザイナー・菊池武夫、“書”がつないだ新たなクリエイションの世界とは。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。