Feature Fashion 「スキンウェア」の真価は、“オーガニック”なこと? “洒落てる”こと?

「スキンウェア」の真価は、“オーガニック”なこと? “洒落てる”こと?

写真:江森康之 構成・文:高橋一史

語れる服 Vol.12 : 着る人にも生産者にも配慮したエコなデイリーウエアブランド、「スキンウェア」。2016年春夏シーズンより始まったメンズを、デザイナーの可児ひろ海さんがナビゲートします。

「スキンウェア」の真価は、“オーガニック”なこと? “洒落てる”こと?

「スキンウェア」デザイナー、可児ひろ海さん。

趣味のごとく暮らしを充実させる人が増え、“ナチュラル志向” もますます広がりを見せています。毎日食べる食材選びを生産者の顔がわかるものにしたり、無農薬栽培にしたり。その料理を、作家が手がけた手づくりの器に盛り、観葉植物で飾った空気のキレイな室内でいただく。都市生活者にとってヘルシーなライフスタイルは、余裕のある人のみが実践できるある種の贅沢なもの。一昔前は豪勢な暮らしを意味した、“ラグジュアリー” の定義付けが変わってきています。

衣食住の“衣”であるファッションにおいても、同様の変化が表れてきました。見た目の奥に秘められた意味が問われるようになってきたのです。今回の「語れる服 Vol.12」でご紹介する「スキンウェア(Skinware)」も、そうした現代的なコンセプトのブランド。“ワンマイルウエア” と称されるデイリーユースの服で、素材は無農薬栽培のオーガニックコットン。この2016年春夏シーズンに待望のメンズがスタートしました。

オーガニックコットンの認定を受けた素材は、栽培される土地の環境保全が行われており、生産者の健康にも結びつき、“フェアトレード(公正取引)” でもあります。着る人も安心して身につけられます。さらに、他のオーガニックコットンブランドに対して「スキンウェア」がひと味違うのは、都会的な “洒落た服” であること。オーガニックであり、スタイリッシュでもある服は、世になかなか見当たらないものです。

次ページより、長年ファッション界で働いてきたデザイナーの可児ひろ海(カニヒロミ)さんの優れたバランス感覚が色濃いコレクションを、ご本人が解説します。なぜオーガニックコットンなのか、どんなメリットがあるのかの疑問にもお答えします。

1 / 4p
Feature Fashion 「スキンウェア」の真価は、“オーガニック”なこと? “洒落てる”こと?
Feature Product 伝統と革新が導いた次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」に日本限定モデルが登場。
Feature Product 伝統と革新が導いた次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」に日本限定モデルが登場。