シンプルで上質な「セラピアン」のバッグで、クリエイティブな日々がはじまる。

写真:廣瀬順二 スタイリング:小林伸崇 ヘアメイク:KIE KIYOHARA(beauty direction) 文:佐野慎悟 協力:TRUNK(HOTEL)

オン・オフともにスタイリッシュに過ごす男性にふさわしい、洗練のバッグが揃うミラノのブランド「セラピアン」。さまざまなシーンで使いたいバッグを、秋の始まりにぴったりなスタイリングでご紹介します。

シンプルで上質な「セラピアン」のバッグで、クリエイティブな日々がはじまる。

左から:PVCトートバッグ(W35×H40×D20cm)¥100,440、iPadケース(W27×H21.5×D2.5cm)¥62,640、クラッチバッグ(W35×H26.5×D3cm)¥89,640、2wayショルダーバッグ(W47×H37×D14cm)¥155,520/すべてセラピアン

1923年にイタリアのミラノで創業した「セラピアン」は、ヨーロッパを中心に、世界各国の限られた百貨店やセレクトショップで取り扱われているプレミアムなバッグブランドです。洗練されたカラーリングとデザインで表現されたミニマルなエレガンスは、エフォートレスに過ごす、大人の上質な日常に心地よく馴染みます。アンニュイな表情を携えたグレーやライトブラウンのコレクションは、秋口のスタイルをシックに引き立てるでしょう。