Feature Fashion いま世界のクリエーターたちを虜にする「オニツカタイガー」。孤高の日本製スニーカーの真価に迫ります。
PROMOTION

いま世界のクリエーターたちを虜にする「オニツカタイガー」。孤高の日本製スニーカーの真価に迫ります。

写真:森山将人(mili)(p1、p2) ジョナサン・ダニエル・プライス(p1、p3) アレキサンドレ・タバステ(p1、p4上) 加藤里紗(p1、p4下) 文: 佐野慎悟(p1〜2) コーディネート&取材:長谷川友美(p3) 石坂紀子(p4上) 長谷川安曇(p4下) 

日本生まれのオニツカタイガーが、いまなぜ世界の主要都市で高い人気を誇るのか? 愛用クリエイターたちの証言とともに、〝ニッポンメイド〞の魅力について考えました。

海外に訪れる機会の多い方であれば、欧米やアジア諸国の都市部で、オニツカタイガーのスニーカーを見かける機会が増えていることに、既に気づいていることでしょう。日本はもちろんのこと、ここまで世界の都市に浸透した日本のスニーカーブランドは、過去を振り返ってもそうは見当たりません。しかもこの世界的な人気は、ブランド側が戦略的に仕掛けたものではありません。各地で自然発生的に起きている現象だからこそ、興味深いのです。最初にその兆候が見られたのは、2000年代初頭のことでした。情報感度の高い一部のファッショニスタから始まり、ニューヨーク、パリ、ロンドンと、ファッションシーンをリードする各都市で、その流行はじわじわと拡散されていきました。クラシックな日本のレザースニーカーが、なぜいま世界で人気なのか? まずは時代の変化に敏感なクリエイターの審美眼を通して、オニツカタイガーの実力に迫ります。

Feature Fashion いま世界のクリエーターたちを虜にする「オニツカタイガー」。孤高の日本製スニーカーの真価に迫ります。

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。