Feature Fashion 「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」の服を徹底解説。

「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」の服を徹底解説。

写真:永井泰史 構成・文:高橋一史

6月13日(月)まで国立新美術館(東京・六本木)で開催されている衣服デザイナー・三宅一生さんの大規模展覧会。そこに息づくデザインの方法論を解き明かします。

「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」の服を徹底解説。

布と服の境界線がない服。

美術ジャンルの一つに、「コンセプチュアル・アート」があります。作品が内包する意味や、つくられた過程、“概念” といったものに目を向けることで理解できる、目に映る作品の印象だけでは価値を判断しづらいアートです。

衣服デザイナー、三宅一生さんの50年近くに及ぶ活動の中で生み出されてきた服にも、同様の論理的な考え方があります。たとえば、複雑な構造に見える服が実は一枚の布でつくられていたり、立体的な服なのに畳むとまっ平らになったり、コンピューター・プログラミングされたマシンで工業的に製造されていたり。どの服もコンセプトに基づいていることに気づくと、美術関係者に三宅さんデザインのファンが多い理由の一端が見えてくるでしょう。

コンセプトに基づいた服づくりの一方で、人々の生活に役立つ機能性や快適さが、着る人の目線で考えられていることも見逃せません。機能する服であることが、まさしく“デザイン”なのです。

三宅一生さん(イッセイミヤケ)、川久保玲さん(コム デ ギャルソン)、山本耀司さん(ヨウジヤマモト)の “御三家” と呼ばれた日本人ファッションデザイナーは、70~80年代に欧米に進出し、前衛的な表現で人々を唸らせました。西洋の服づくりは布を細かく裁断して縫い合わせ、人の肉体を強調する彫刻のごとく “構築的” なものですが、それに対し、着崩したように体と布の間に隙間をもたせた日本の “非構築的” な服は、驚きをもって世界に迎え入れられ新しい時代の息吹となりました。

「国立新美術館」(東京・六本木)で2016年6月13日(月)まで開催されている「MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事」は、三宅さんの活動の集大成です。この記事では、展覧会を訪れる人の理解の手助けになるように、服の背景となる考え方を中心に解説していきます。

Feature Fashion 「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」の服を徹底解説。