ナポリの老舗「マリネッラ」のショップ店長に、ネクタイ選びの神髄を聞きました。

写真: 森山将人(mili) スタイリング:河又雅俊 文:小暮昌宏

ナポリに生まれ、世界を代表するネクタイブランドとなった「マリネッラ」。東京ミッドタウンと丸の内にあるふたつのショップの店長から、「マリネッラ」流のネクタイの上手な選び方、スーツやジャケットとの洒落た合わせ方を指南していただきました。

ナポリの老舗「マリネッラ」のショップ店長に、ネクタイ選びの神髄を聞きました。

母国イタリアはもちろん、ケネディやクリントンなどアメリカの大統領や英国のチャールズ皇太子にも愛用された「マリネッラ」のネクタイ。1994年のナポリサミットでは、各国首脳にそれぞれ6本のネクタイが贈られました。

イタリア・ナポリのヴィットリア広場に「マリネッラ」が創業されたのは1914年。創業者は、エウジェニオ・マリネッラ。店と同時にネクタイを縫製する工房も開いた彼は、当時イタリアで空前のブームとなっていた英国製品を輸入するためロンドンへ視察に出かけ、その後多くの製品を輸入。ナポリで唯一、英国製品が手に入る店となりました。また、パリからシャツの仕立て職人を招き、自社でシャツの生産も開始。ネクタイと並ぶ「マリネッラ」の主力商品になりました。

そのシャツ職人から習得した技術を発展して出来上がったのが、オリジナルの「セッテピエゲ=7つ折り」のネクタイです。シルクの生地を文字通り7回内側に折って仕立てる手法で、生地も通常の倍使います。職人的な縫製で仕立てられたネクタイはソフトで美しく、しかも結びやすい。いまでも「マリネッラ」のアイコン的なネクタイとして日本でも高い人気です。

ナポリの「マリネッラ」は20平方メートルほどの小さな店ですが、朝6時30分にオープンすると紳士淑女がすぐに集まってくるような店で、3代目のマウリッツィオ・マリネッラがいまでも朝から店頭に立ちます。東京・六本木の「マリネッラ ナポリ 東京ミッドタウン」は海外初の専門店として2007年にオープン、「マリネッラ ナポリ 丸の内」は日本2号店として2014年9月にオープンしました。どちらもナポリ本店と同じ商品と雰囲気が満喫できるショップです。