Feature Fashion 本場の流儀でオーダースーツを愉しむ。

本場の流儀でオーダースーツを愉しむ。

写真:尾鷲陽介 文:小暮昌弘

「ベルベスト」のソフトな味わいを選ぶか、「ディージ&スキナー」で英国流の男らしい仕立てを望むか……。いま、いちばん旬なオーダーメイドのスーツを紹介します。

本場の流儀でオーダースーツを愉しむ。

「ベルベスト」の名前を世に出したのは、バーニーズ ニューヨーク。レディメイド(既製服)のスーツでもそのソフトなフィット感とエレガンスなテイストには定評がありますが、パターンオーダーではさらにサイジングやフィット感を高め、自分好みの生地や仕様が愉しめます。

イタリア屈指の名門ファクトリー、ベルベスト

「べルベスト」は、1964年、アルド・ニコレット氏によって、北イタリアのパドヴァで創業されたブランドです。ブランド名は、イタリア語で「美しい服」という意味で、北イタリアらしい職人的なスーツづくりに加え、旬な味わいを表現できるスーツ専業のファクトリーとして知られて、ヨーロッパの一流メゾンのスーツなども手がける名門中の名門です。
バーニーズ ニューヨークでは、オリジナルレーベルのスーツの製作を1970年代からこの名ファクトリーに依頼し、ものづくりの確かさに敬意を表し、「ベルベスト フォー バーニーズ ニューヨーク」(以下べルベスト)のブランド名を付けたスーツを世界に先駆けて販売しました。ソフトで軽い着心地とエレガントさが薫る仕立ては世界中のスーツファンから絶賛され、襟付けや袖付けなどはいまだに職人的なハンドメイドという逸品です。パターンオーダー(バーニーズでは、「メイド・トゥ・メジャー」と呼んでいます)はイタリアからモデリストが来日して採寸を行い、日本とは異なるイタリア独自のメジャーメントが実際に体験できるのも嬉しいポイントです。
本場の流儀でオーダースーツを愉しむ。

ミケーレさんとともに日本でのオーダー会のために来日したフランコ・マラゴンさん。「フランク・シナトラもオーダーでスーツをつくりましたよ」。

本場の流儀でオーダースーツを愉しむ。

毛芯を使った本格的かつエレガントな仕立て。パドヴァのファクトリーには300人のスタッフがスーツを製作しています。

フィットしていく様子がわかる、名人の採寸テクニック

日本でもパターンオーダーでスーツをつくる時には、「ゲージ服」といわれるサイズ見本のスーツを着ますが、ベルベストの場合はゲージ服を着るまでは一緒ですが、そこからが日本とは違います。モデリストがゲージ服にピンを打ち、細部を詰めてフィットさせます。ビスポークの仮縫いに近い感覚で、着る人もフィッティングの具合を確認できます。
「メーカーそれぞれが独自の方法で採寸していますが、ベルベストではずっとこの方法でやってきました」とモデリストのミケーレ・ジアレッタさんは語ります。彼がスーツ各所にピンを打った後、寸法を計測し、オーダー表にサイズや修正事項などを書き入れます。顧客の体型や注文されたモデルによっても、選ぶ型紙や中の構造物も違ってきますので、採寸するのは、ミケーレさんのような本社のモデリストだけです。現在は2人が世界中を回って注文を取っているそう。工場の縫製の工程と職人たちのテクニックから生地による仕立ての違いなど、ベルベストのスーツづくりのすべてを熟知していなくては、顧客の要望に応えるスーツはつくれないと信じているから、こうした手間のかかる方法で注文を取っているのです。しかし一度採寸すればデータが本社に保存されるので、後は好みの生地や仕様を選んで、いつでも新しいスーツをオーダーすることが可能なのです。
1 / 3p
Feature Fashion 本場の流儀でオーダースーツを愉しむ。