Feature Fashion 常に革新を続けるルイ・ヴィトンと、ストリートカルチャーのカリスマ、ヴァージル・アブローの華麗なる融合。

常に革新を続けるルイ・ヴィトンと、ストリートカルチャーのカリスマ、ヴァージル・アブローの華麗なる融合。

写真:piczo(p1~3)  スタイリング:島田辰哉(Tron)(p3) 文:村上要(p2) 編集:佐野慎悟(p4) ヘア: Akemi Kishida(p3) コーディネート:高中まさえ(p3)

ルイ・ヴィトンのメンズ部門でアーティスティック・ディレクターを務めるヴァージル・アブロー。ファッション界を揺るがす彼の素顔と、そのクリエイションに迫ります。

常に革新を続けるルイ・ヴィトンと、ストリートカルチャーのカリスマ、ヴァージル・アブローの華麗なる融合。

ルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック・ディレクター、ヴァージル・アブロー。誰もが知る老舗ブランドに、希代のクリエイターはどのような革新をもたらしたのでしょうか?

165年前、旅行鞄専門店として始まったルイ・ヴィトンの歴史は、革新の連続でした。時代とともに進化したトランクの形状や素材、当時としては斬新な〝モノグラム〞のデザイン、人気デザイナーを迎えながら実現したモードブランドとしての成功……。そして2018年、ストリートカルチャーにおいてカリスマ的な人気を誇るクリエイター、ヴァージル・アブローをメンズ アーティスティック・ディレクターに抜擢し、業界を揺るがせました。革新を繰り返し続けてきたメゾンと、いまその中核を担う男の実像に迫りました。

1 / 4p
Feature Fashion 常に革新を続けるルイ・ヴィトンと、ストリートカルチャーのカリスマ、ヴァージル・アブローの華麗なる融合。