Feature Fashion コンスタンティン・グルチッチは、なぜ丸眼鏡だけで8つものモデルをデザインしたのか?
PROMOTION

コンスタンティン・グルチッチは、なぜ丸眼鏡だけで8つものモデルをデザインしたのか?

写真:宇田川 淳 文:高野智宏 スタイリング(モデル):井藤 成一 ヘア&メイク(モデル):ミホハマヤ

ジンズから、世界的なプロダクト・デザイナーであるコンスタンティン・グルチッチさんがデザインした眼鏡が発売されます。ラウンドタイプで8種類ものデザインを手がけた本人が、その魅力を語ります。

コンスタンティン・グルチッチは、なぜ丸眼鏡だけで8つものモデルをデザインしたのか?

自身がデザインしたスポーティなモデル「タイプ バイク」を掛けるグルチッチさん。「私にはクラシックなモデルのほうがマッチするのでしょうが、デザイナーたるもの常に冒険に挑まなければ」と、その矜持を語ります。

デザイン界の第一線で活躍するクリエイターとともに、眼鏡の本質を多角的な視点で探り、これからの時代にふさわしい価値のある眼鏡を創出する、ジンズの画期的な試み「ジンズ デザインプロジェクト」。第1弾のジャスパー・モリソンさんに続き、今回の第2弾に招聘されたのが、ドイツを拠点に活動する世界的なプロダクト・デザイナー、コンスタンティン・グルチッチさんです。
そして、このたび発表されたコレクションは、実に全8モデルのすべてがラウンドタイプという異例のコレクションでした。なぜ、すべてのモデルをラウンドタイプとし、なぜ8種類ものモデルをラインアップしたのでしょうか? 代官山で行われたトークイベントで、自身が手がけた展示を前にグルチッチさんがその理由を語ります。

Feature Fashion コンスタンティン・グルチッチは、なぜ丸眼鏡だけで8つものモデルをデザインしたのか?

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018