Feature Fashion サステイナビリティをより"身近"にするために、ザ・イノウエブラザーズと持続可能なファッションについて考える。
PROMOTION

サステイナビリティをより"身近"にするために、ザ・イノウエブラザーズと持続可能なファッションについて考える。

写真:宇田川淳 文:高橋一史 

「サステイナブル」という言葉をあらゆる場所で聞くようになってしばらく経つが、人によってその意識はバラバラだ。ことファッションにおいては、「いま自分が着ている服に使われている素材はなにか?」さえも意識していない人がまだ大半かもしれない。そうした中で、それぞれ異なる立場からファッション業界で変革を目指しているのが、ザ・イノウエブラザーズと伊藤忠商事だ。

サステイナビリティをより

デンマークで生まれ育った井上兄弟は、ザ・イノウエブラザーズが採用する素材の原産国であるボリビアやペルーなどに足を運び、現地の活動をサポートする。2人のアートスタジオの設立は2004年。左が兄の聡さん、右が弟の清史さん。

井上聡さんと井上清史さんは、生産者とダイレクトトレードした天然素材で服づくりをするザ・イノウエブラザーズの活動について、「主原料のアルパカを世界に広めること以上に、エコやサステイナビリティに基づくものをカッコよくしたいという思いが強い」という。一方、伊藤忠商事・繊維カンパニーでサステイナブル原料の開拓、拡販を担当する下田祥朗さんは、推進するリサイクルプロジェクト「レニュー(RENU)」について、「皆さんが店やネットで『これカッコいいな』と感じて購入したファッションアイテムの素材が、たまたまレニューだったという使われ方が理想」と語る。

カッコいいものこそ人の心を動かすという考えにおいて、両者の意見は完全に一致している。今回、こうした観点も含めたファッションにおける持続可能な未来への展望について、農業のごとく草の根活動を続けてきた井上兄弟と、大手総合商社の繊維部門ならではのグローバルなアプローチを行う下田さんに、国境を越えてリモートで意見交換をしてもらった。活動歴が長い3名にとっても、新しい希望が生まれる有意義な出会いになったようだ。

1 / 3p
Feature Fashion サステイナビリティをより"身近"にするために、ザ・イノウエブラザーズと持続可能なファッションについて考える。