イタリアメイドの味付けが魅力の「フェリージ」のバッグを、古澤一記シェフが体感します。

写真: 森山将人(mili) 文:佐野慎悟

歴史と芸術に彩られたイタリアの小都市、フェラーラで創業したバッグ&ベルトブランドの「フェリージ」。イタリア暮らしの経験もあるシェフ、古澤一記さんに、伝統的かつ洗練されたデザイン、確かなクラフツマンシップを体感してもらい、その魅力について語っていただきました。

イタリアメイドの味付けが魅力の「フェリージ」のバッグを、古澤一記シェフが体感します。

トートバッグ「18/20/DS」(W33×H39×D13㎝)¥74,520/フェリージ(フェリージ 青山店 TEL:03-3498-6912)

2000年にイタリアへ渡り、約10年間、現地で料理人やソムリエとして腕を磨いた鎌倉の人気イタリアン「OLTREVINO(オルトレヴィーノ)」の古澤一記シェフ。提供する料理やサービスと同様、“心地よさ”を生むイタリアのものづくりの本質を知る人物です。キッチンに立つ時間以外にも、食材の調達、試飲会への参加、日本とイタリアの往復と、忙しい毎日を送る古澤さんですが、その審美眼は身に着けるものの選び方にも通じます。「イタリアで感じたのは、人々が流行にとらわれずに、自身の価値観やスタイルを貫くさま」と語る古澤さんが、いま考える理想のバッグとは?