Feature Fashion “着る”行為の根源を社会学的に考える、「ドレス・コード?──着る人たちのゲーム」展。

“着る”行為の根源を社会学的に考える、「ドレス・コード?──着る人たちのゲーム」展。

写真:齋藤誠一 文:海老原光宏

東京オペラシティ アートギャラリーにて7月4日より始まった「ドレス・コード?──着る人たちのゲーム」展。社会学的視点を取り入れた全13セクションの展示に触れることで、日々の“着る”という行為に対する意識が変わるかもしれない。

“着る”行為の根源を社会学的に考える、「ドレス・コード?──着る人たちのゲーム」展。

東京オペラシティ アートギャラリーで始まった「ドレス・コード?──着る人たちのゲーム」展。写真中央は漫画家の高橋真琴によるイラストが描かれたコム デ ギャルソンのドレス。13の視点でファッションと社会を考察する本展では、アートとファッションの関係についても触れている。

新型コロナウイルス感染拡大により、着飾る機会の減った昨今。日々服を“着る”ことに対しても無頓着になっていないだろうか? しかし、人は服を選ぶことを避けては通れない。1日パジャマのままでいたとしても、パジャマという服を“選んでいる”のだから。

「ドレス・コード?──着る人たちのゲーム」展が、東京オペラシティ アートギャラリーにて7月4日より始まった。本展は、デニムパンツなどの労働着がどのようにファッションアイテムとなったのか、ブランドアイコンのイメージがどのように変化してきたのかなど、服と社会の関わりを13のセクションで見せる。次のページから、その内容を具体的にたどっていきたい。

1 / 3p
Feature Fashion “着る”行為の根源を社会学的に考える、「ドレス・コード?──着る人たちのゲーム」展。
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー