欧州のヴィンテージ感が漂う、富士山麓の街にある個性派店「THE DEARGROUND」

写真:江森康之 文:小暮昌弘

デスティネーション ショップ15:「オールドマンズテーラー」「R&D.M.Co-」といったこだわりのオリジナルブランドをおもに扱い、富士吉田の街に店を構える「THE DEARGROUND」をご紹介します。

欧州のヴィンテージ感が漂う、富士山麓の街にある個性派店「THE DEARGROUND」

自然光を活かした店のつくり。生地の色や風合いがよくわかります。写真の3階に置かれた商品の約6割が「R&D.M.Co-」で、残りが「オールドマンズテーラー」といった商品構成です。

ユネスコの世界遺産に登録され、国内外での人気をさらに高めている富士山。 そのお膝元の富士吉田市に、カフェを併設する洒落たコンセプトストア「THE DEARGROUND」があります。こだわりある服づくりで評判が高いメンズの「オールドマンズテーラー」と、自社工場で織ったリネンを中心にしたユニセックス(レディース&メンズ)のライフスタイルブランド「R&D.M.Co-(アール アンド ディー エム コー)」を品揃えの中心にしたショップです。ふたつのブランドを手がけているのは、しむら祐次さんととくさんの2人で、その服は糸からオリジナルで開発したものがほとんどです。2人が好きな英国やヨーロッパの古きよき時代を感じさせながらも、独自のセンスでつくり上げられた“どこにもない”服や雑貨。ショップの隅々まで2人のテイストや趣味嗜好が感じられます。