Feature Fashion 記憶に遺したい、高架下のこだわり店。

記憶に遺したい、高架下のこだわり店。

写真:平岩 享 文:小暮昌弘

デスティネーション ショップ 06:ファッション界のレジェンドが思いを込めた「Porter Classic 銀座」。

記憶に遺したい、高架下のこだわり店。

JR新橋駅と有楽町駅の間の高架下にある「インターナショナルアーケード」。近くにある泰明小学校も「昭和」の薫りが残された場所です。

東京のJR新橋駅と有楽町駅の間の高架下に、「インターナショナルアーケード」という「昭和」の匂いをもった不思議な場所があります。このアーケード自体は、1964年、東京オリンピックの頃に海外から訪れる外国人観光客をターゲットにつくられたものだそうです。歴史的ともいえるこの場所に旗艦店を構えているブランドが、「Porter Classsic」です。

「Porter Classic」は日本のバッグブランドとして抜群の知名度を誇る「ポーター」で長くチーフデザイナーを務めていた吉田克幸さんが自分の仕事の集大成とするべく、2007年に独立し設立したブランドです。実はこのショップは、建物の耐震工事の影響で、2015年10月末には移転を余儀なくされると聞きます。この店に対するこだわり、モノづくりへの思いを、日本のファッション界のレジェンドともいえるこのブランドのデザイナー、吉田克幸さんにお聞きしました。

Feature Fashion 記憶に遺したい、高架下のこだわり店。