Feature Fashion 次の時代にフィットするモードな新ニットウエア、CFCLのクリエイターがクリエーションを語った。

次の時代にフィットするモードな新ニットウエア、CFCLのクリエイターがクリエーションを語った。

撮影:杉田裕一 構成・文:高橋一史

モードの世界に身を置いて活躍してきた高橋悠介が、自身のブランドとなるCFCLをスタート。自由に着られるニットの可能性を追求し、環境に配慮した、いまあるべきファッションの姿がここにある。

次の時代にフィットするモードな新ニットウエア、CFCLのクリエイターがクリエーションを語った。

CFCLを立ち上げたクリエイティブ・ディレクターの高橋悠介。

毎日の通勤が減り、自宅とその周辺で過ごすことが当たり前のテレワーク時代になった現在。自由に外出できる世の中になっても、完全に以前の生活に戻ることはないだろう。社会のあり方に呼応して服装も確実に変化してきた。いまもっとも注目されるファッションは “日常着” だ。快適に過ごせて、どんなシチュエーションにも対応する服にこそ新しさがある。

2021年春にデビューする新ブランドの「CFCL(シーエフシーエル)」は、まさしくいまの時代にふさわしいコレクションだ。ケアが簡単で気軽に着やすい化繊糸で編まれたニットを取り揃える。ニットと言っても、そのムードはシャープでクール。これまで着てきたお堅い仕事着をこれに置き換えたくなる、リラックスしながらもドレッシーな新ニットウエアだ。

ブランドを立ち上げた人物は、かつてイッセイ ミヤケ メンを率いていた高橋悠介。モードを深く知る彼が独立してはじめたのがCFCLなのである。デザイナーの自己主張を控えめにした、アノニマスデザインの服に込められた工夫を探るべく、南青山の新オフィスを訪れた。

1 / 5p
Feature Fashion 次の時代にフィットするモードな新ニットウエア、CFCLのクリエイターがクリエーションを語った。