Feature Fashion 華麗に進化するブリオーニ

華麗に進化するブリオーニ

写真:江森康之 文:小暮昌弘

世界屈指のスーツブランドが、初のクリエイティブ・ディレクターを迎えて大胆に変貌。

シベリアへの旅を想い描いた、贅沢なミンクのブルゾン

美しくエレガントなコートを着て、ミラノ駅に立つブリオーニ・マン。シベリアへの旅に携えるスーツケースに入っているのは、テーラリングの伝統技術と現代的な要素をミックスした、多用途な服……。シベリアへのラグジュアリーな旅に欠かせないワードローブであり、現代の紳士の身だしなみに必要なもの。ミューランは今シーズンのコレクションをこのように思い描いたのです。ビキューナ、ミンク、アストラカンという極上の素材を使い、構築的なシルエットに仕立てられたコートやアウターは、ブリオーニの職人的な手法や素材を用いながら、モダンさを備えた見事なデザイン。機能性をもったシャープなテイストや凝ったディテールも特徴的で、モダンなコートにスーツを組み合わせるようなコーディネートに新鮮さを感じます。「ひとつのスタイルに“公”と“私”、ビジネスとレジャーの両方の要素を持ったユニークなワードローブをつくりました」とミューラン。デザインや着こなしで“モダンさ”を存分に感じさせながらも、現代人のライフスタイルにもマッチする提案が隠されています。それは、長くメンズウェアの牽引してきた老舗の矜持といえます。
華麗に進化するブリオーニ

「ブリオーニのサルトリアの歴史とアウターウエアの結合を見つけ出して、コンテンポラリーでエレガントなスタイルを実現したかった」とミューランは語りますが、このネイビーのブルゾンを使ったコーディネートは、そんなミューランの渾身の一作といえます。一見オーソドックスなレザーのブルゾンに見えますが、素材はラグジュアリーなミンクファー。しかも表面をレザーカットしてパターンを入れてあるのです。加えてリバーシブル仕様となっていて、ファーを内側にすればシンプルに着こなすことも可能。見えないところにも贅をつくすこともラグジュアリーの本質といえます。インナーには白いシャツを合わせ、タイドアップ。チャコールグレーのパンツも細身のシルエットで、これまでのブリオーニとは異なる、モード感が感じられる着こなしではありませんか。

上段写真:ブルゾン¥3,150,000、シャツ¥52,500、パンツ¥54,600、タイ¥28,350、靴¥126,000/すべてブリオーニ(ブリオーニ ジャパン)

問い合わせ先/ブリオーニ ジャパン TEL:03-3234–0022
1 / 4p
Feature Fashion 華麗に進化するブリオーニ