Feature Fashion 秋冬ファッションの最新キーワード

秋冬ファッションの最新キーワード

文:高橋一史

メンズ・コレクションを読み解けば、2013-14年のトレンドが見えてくる。

旬のデザインはハイネックとドロップショルダー

これまでシャツのボタン開けなどでルーズな胸元にしていた人も、首元が詰まった服を着るだけで今年風のスタイリングが完成。キーアイテムは、タートルネックやハイネックのセーターです。ディオール オム(上写真左)のようにソリッドでミニマルなスタイリングなら、よりいまの気分。そして、新しくワードローブに加えたいアイテムは、ドロップショルダーのボリューミーなトップ。着こなしのコツは、ドリス ヴァン ノッテン(上写真中)のように、ボトムをスリムにして全身のシルエットにメリハリをつけること。さらに、ダブル前合わせのテーラードも、各ブランドがこぞって提案する重要なアイテム。ジル サンダー(上写真右)では、控えめでノーブルなジャケットが登場しています。ビジネススーツでダブルは難しいとお考えの方は、上に着るコートなどのアウターでチャレンジしてはいかがでしょうか。

秋冬ファッションの最新キーワード

取り入れたい色柄は黒、幾何学模様、英国調。

ファッションの流れがモード系にシフトしてきた今季はまず、秋冬の定番色である黒を積極的に活用しましょう。おすすめアイテムは、バーバリー・プローサム(上写真左)を筆頭に、数多くのブランドが提唱する黒のスリムなパンツ。細畝のコーデュロイ素材を選べば、より旬のスタイリングを楽しめます。柄で新鮮なのは幾何学模様で、ニールバレット(上写真中)は、人気再燃のスウェットシャツをベースにしたアイテムを発表。モードブランドに限らず広義でのメンズトレンドとしては、今年も英国調が外せません。タータン、千鳥格子、グレンチェック、プリンスオブウェールズなど百花繚乱の様相を呈しています。グッチ(上写真右)のスーツは、英国調をベースにしながら無国籍なモードに仕上げた美しいスタイルです。

秋冬ファッションの最新キーワード

素材はハイテク、レザー、コーデュロイが流行中。

伝統素材が主流の中で、ウェットスーツ(ダイビングスーツ)に用いられるゴムのような素材の「ネオプレン」を活用するブランドが急増中。エンポリオ アルマーニ(上写真左)がその代表格で、アウターもパンツもネオプレンというこだわりよう。ほかに、高級レザーのバリエーションが豊富なのも今季の特徴で、ハラコ、ファー、型押し、ボンディングなどの凝った素材や加工がポイントです。特に注目のアイテムはパンツで、ボッテガ・ヴェネタ(上写真中)はセンタークリースつきでスラックス感覚の一本を発表。デイリーに着やすいカジュアル素材の中では、コーデュロイが旬の輝きを放っており、シャツやパンツの専業ブランドもこぞってプッシュしています。トラサルディ(上写真右)の個性的な太畝のスーツは、ダブルの前合わせやハイゴージの襟にデザインの技あり。

1 / 2p
Feature Fashion 秋冬ファッションの最新キーワード