Feature Design 国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。
PROMOTION

国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。

写真:榊 水麗(会場写真) 文:宇治田エリ

「木へのまなざし」をチェンジし、国産材の新しい魅力を発見するプロジェクト、「WOOD CHANGE CHALLENGE」。本プロジェクトの目⽟とも言えるクリエイティブアワードとトークイベントが、2021年3月5日にオンライン配信。また代官山 蔦屋書店で作品も展示された(3月18日で終了)。

国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。

今回の審査を担当した(前列左から)武蔵野美術大学教授の若杉浩一、今回審査員長を務めた建築家の永山祐子、建築家・VUILD株式会社CEOの秋吉浩気、(後列左)アートディレクター・プランナーの佐藤ねじが登壇。同日一般投票が行われた「WOOD CHANGE CAMP」で、メンターを務めた、(後列右)建築家・DDAA/DDAA LAB代表の元木大輔も参加した。

日本の国土の7割を占める森林。そのうちの約4割は、戦後に人の手で植えられた人工林である。人工林は植栽してから伐採されるまで、50〜60年の年月が必要だと言われているが、その人工林が大きく育ったいま、本格的な木材の利用時期を迎えている。そして、この豊富な日本の国産材の持続的な活用を目的とし、2020年に始まったプロジェクトが「WOOD CHANGE CHALLENGE(ウッド・チェンジ・チャレンジ)」だ。この取り組みは一般社団法人 全国木材組合連合会の後援・林野庁補助事業による支援のもと、ウェブから空間まで手がけるクリエイティブ・カンパニーのロフトワークが主催している。

これまで「WOOD CHANGE EXHIBITION(ウッド・チェンジ・エキシビション)」や「WOOD CHANGE CAMP(ウッド・チェンジ・キャンプ)」などの連動企画が実施され、国産材の新しい使い方や仕組み、体験やコミュニケーションなどを生み出す方法を探ってきた。CAMPでは3つのプロトタイプが制作され、一般投票によってBEST CAMP賞が選ばれた。クリエイターのみならず、学生や研究者、林業従事者をはじめとする林業関係者など、さまざまな方面からアイデアを募る「WOOD CHANGE AWARD(ウッド・チェンジ・アワード)」も開催。今回100を超えるアイデアが国内外から寄せられ、審査員4名によって審査が行われた結果、6つの作品が賞に選ばれた。

1 / 3p
Feature Design 国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。
Feature Product 俳優・桜田 通が着ける、活躍の場を広げたルイ・ヴィトンのタイムピース
Feature Product 俳優・桜田 通が着ける、活躍の場を広げたルイ・ヴィトンのタイムピース