Feature Design 【『VISUALIZE 60』対談企画】前編:色部義昭と植原亮輔が、デザイナーが自ら発信する時代を語る。

【『VISUALIZE 60』対談企画】前編:色部義昭と植原亮輔が、デザイナーが自ら発信する時代を語る。

写真:前中寿方 文:山田泰巨

日本のグラフィック・デザインを牽引してきた日本デザインセンターが創立60年を迎えたことを機に、『VISUALIZE 60』と題した展覧会を開催中だ。ディレクションを担当した同社のデザイナー・色部義昭と、彼と同世代で、ともに日本におけるグラフィックの現在を牽引するデザイナーの植原亮輔(KIGI)に、「VISUALIZE」を語り合ってもらった。

【『VISUALIZE 60』対談企画】前編:色部義昭と植原亮輔が、デザイナーが自ら発信する時代を語る。

アート・ディレクターとして、デザイナーとして、多方面で活躍するふたり。色部義昭さん(左)と、グラフィックデザイナーの植原亮輔さん(右)。

企業とともに、そして自発的に。日本デザインセンターは、空間、ウェブ、映像、プロダクト、UX、インタラクションなど、さまざまな分野でデザイン活動を行ってきた制作プロダクションだ。彼らはいま、本質を見極めて可視化する「VISUALIZE」という言葉をテーマに、全4回にわたる展覧会を開催している。そのうち前後期にわたって同社の60のプロジェクトを紹介する展覧会『VISUALIZE 60』は、日本デザインセンター本社を会場にするもの。1月まで行われた前期の展示会場を植原さんが訪れ、色部さんが解説とともに案内してくれた。まずは会場を巡った植原さんに、率直な感想を尋ねてみよう。

「どれも完成度が高くて隙がない。やはりよい意味で(日本デザインセンター代表でデザイナーの)原研哉さんの影響があるのでしょう。KIGIはたとえて言うならパンツのゴムが見えていたり、靴下に穴が空いていたりするようなところがあるんだけど……」と笑う。改めて、日本デザインセンターを次のように評する。

「日本におけるデザインの歴史を牽引し、つくってきた会社です。そして多くのスターデザイナーを輩出してきました。そしていまもまた、新しい才能が輩出されています」

1 / 3p
Feature Design 【『VISUALIZE 60』対談企画】前編:色部義昭と植原亮輔が、デザイナーが自ら発信する時代を語る。
Feature Fashion サステイナビリティをより"身近"にするために、ザ・イノウエブラザーズと持続可能なファッションについて考える。
Feature Fashion サステイナビリティをより"身近"にするために、ザ・イノウエブラザーズと持続可能なファッションについて考える。