Feature Design 3カ月の休業を経て、TRUNK(HOTEL)の野尻佳孝がたどり着いた答えとは。

3カ月の休業を経て、TRUNK(HOTEL)の野尻佳孝がたどり着いた答えとは。

写真:齋藤誠一 文:久保寺潤子

新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けているホスピタリティ業界や観光産業。そのような状況に屈せず、TRUNK(HOTEL)は独自の魅力をブラッシュアップさせている。オーナーの野尻佳孝さんに、休業から再開後の取り組みまで話を聞いた。

3カ月の休業を経て、TRUNK(HOTEL)の野尻佳孝がたどり着いた答えとは。

「マニュアルのない運営」や「年末年始休業」など、ユニークな取り組みでホスピタリティ業界にイノベーションを起こしてきたTRUNK(HOTEL)。今回のコロナ禍では、他社に先駆け営業自粛を決断するなど、いち早く対応してきた。

3カ月の休業期間中、大事にしていたことはなんだったのか? ホテルに求められることは今後変わっていくのだろうか? 7月1日に再開を果たしたTRUNK(HOTEL)の取り組みについて、オーナーの野尻佳孝さんが語る。

1 / 3p
Feature Design 3カ月の休業を経て、TRUNK(HOTEL)の野尻佳孝がたどり着いた答えとは。
Feature Product これまでの常識を覆した走りの体験、「マクラーレン GT」が指し示す次世代グランドツアラーのカタチとは。
Feature Product これまでの常識を覆した走りの体験、「マクラーレン GT」が指し示す次世代グランドツアラーのカタチとは。