Feature Design TRUNK(HOTEL)が目指すのは、「これまでにないホテル」をつくること。

TRUNK(HOTEL)が目指すのは、「これまでにないホテル」をつくること。

写真:齋藤誠一 文:吉田 桂

オリジナリティあるコンセプトで東京の面白さを発信するホテル、TRUNK(HOTEL)。代表・野尻佳孝さんが、ホテルに対する想いを前後編で語る。後編は運営企画推進部のメンバーを加えて、海外の事例も挙げながらブティックホテルの未来について語り合った。

TRUNK(HOTEL)が目指すのは、「これまでにないホテル」をつくること。

企画を統括する立場から一緒に海外視察へ赴くことも多いという3人、左から小南綾さん、野尻佳孝さん、木下昌之さん。日頃から会話を重ね、細部に至るまで考えを共有している、まさに一枚岩のチームだ。

2017年、等身大の社会貢献を目指す「ソーシャライジング」をコンセプトとして渋谷に誕生したTRUNK(HOTEL)。次いで19年、神楽坂の元料亭を1日1組限定の一軒家ホテルとして甦らせたTRUNK(HOUSE)。

コンセプトもデザインもまったく異なるブティックホテルを生み出すことで東京の面白さを掘り起こし、広く世界に向けて発信し続けるというプロジェクトを率いているのが、こちらの3人だ。

TRUNK以前には日本に存在しなかった“ブティックホテル”。では、いったいブティックホテルとはどんなホテルを指すのだろうか。

1 / 4p
Feature Design TRUNK(HOTEL)が目指すのは、「これまでにないホテル」をつくること。