Feature Design コンスタンティン・グルチッチ、失敗を恐れず、新しい日常をつくる。【後編】

コンスタンティン・グルチッチ、失敗を恐れず、新しい日常をつくる。【後編】

文:土田貴宏

現代デザインの精鋭たち File.02:コンスタンティン・グルチッチが探る、次のかたち、次の機能。

コンスタンティン・グルチッチ、失敗を恐れず、新しい日常をつくる。【後編】
コンスタンティン・グルチッチ、失敗を恐れず、新しい日常をつくる。【後編】

2013年夏、コンスタンティン・グルチッチはフランスのマルセイユでインスタレーションを行いました。舞台となったのはル・コルビュジエ設計のユニテ・ダビタシオンで、1952年の完成当時の姿が保たれている一室です。この部屋では、2008年にはジャスパー・モリソンの、2010年にはロナン&エルワン・ブルレックのインスタレーションが行われてきました。グルチッチのインスタレーションは、自らデザインしたプロダクトの中でも特に気に入っているものが選ばれ、レイアウトされました。マジス、クラシコン、フロス、フレートット、マルソット・エディツィオーニ、マツィアッツィ、オーセンティックスといったブランドのアイテムが採用されています。それらとともに目を引くのは、シド・ヴィシャスらパンクロッカーのポートレートで壁面が飾られたこと。グルチッチが意図したのは、パンクロックとル・コルビュジエに共通する、純粋さと妥協しない精神をシンクロさせることでした。言うまでもなく、そこにグルチッチのイメージを重ねることができます。

コンスタンティン・グルチッチ、失敗を恐れず、新しい日常をつくる。【後編】

2012年のヴェネツィア・ビエンナーレ建築展。この時は「REDUCE / REUSE / RECYCLE」というタイトルで、価値が認められにくい過去のビルや住宅を、さまざまな視点や手法によって再活用する16件の事例が紹介されました。展示構成を担当したグルチッチは、やはり壁面を使い、それぞれの手法を伝える写真を掲示します。ビエンナーレ会場の中でも、ドイツ館は天井の高い広々とした建物。大きな写真を使うアイデアは、その条件を生かしたものでしょう。またヴェネツィアのいたるところで目にするパッセレッレ(海面が上昇して島が水浸しになる時、歩道代わりに使われるテーブル状の台)を、会場内の順路を示すために配置して、そこに展示画像のデータを記載しました。この台は、ゆっくり展示を観るためのベンチにもなります。「REDUCE / REUSE / RECYCLE」展は、ヴェネツィアへの敬意をさりげなく表現しながら、きわめて廃棄物の少ない展示になりました。

コンスタンティン・グルチッチ、失敗を恐れず、新しい日常をつくる。【後編】

2010年の『BLACK2』(ブラック・スクエア)は、「もの」に対するコンスタンティン・グルチッチの独自の視点を感じさせる、ユニークなエキシビションでした。彼はこの会場で、あらゆる領域から「黒くて四角いもの」を選び、51点を会場に並べました。黒い立方体は自然界に存在しないことから、人間が知恵と技術によってつくり出すものの象徴と考えることができます。イスラム教の聖地とされるカーバ神殿をはじめ、黒い立方体(または四角)が神聖なものと結びついた例は多いようです。一方、安価で機能優先のプロダクトにも、黒いプラスティックが多用されています。ここに展示されたのは、プラスティックのフロア用パレットや石油タンク、レゴブロック、ブラウンの計算機、プリンスのブラック・アルバム、iPhoneのチップ、シャネルのハンドバッグ、アメックスのセンチュリオン・カード、日本の鋳物、御影石の墓標、聖書などなど。ストイックな展示空間は、多様な思想や意図から生み出されたオブジェで満ちていたわけです。

上写真1点:シド・ヴィシャスのポートレートで飾られた壁面。家具はマティアッツィの「MEDICI」。
Photo: Philippe Savoir & FONDATION LE CORBUSIER/ ADAGP

上写真2点:2013年7月15日から8月15日まで開催された『Appt.N°50』展の様子。主に赤と黒のプロダクトが選ばれていた。
Photo: Philippe Savoir & FONDATION LE CORBUSIER/ ADAGP

中写真:2012年のヴェネツィア・ビエンナーレ建築展のドイツ館の展示で、グルチッチは展示構成を担当した。

下写真:ローマのスイス・インスティテュートで開催された『BLACK2』展。天井の中央も四角く抜かれ、黒く塗られている。
photo by Salvatore Gozzo, Courtesy of Istituto Svizzero, Rome
1 / 2p
Feature Design コンスタンティン・グルチッチ、失敗を恐れず、新しい日常をつくる。【後編】
Feature Product 六角と円を絶妙に融合させた、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作「ROKU(ロク)」の力強い形。
Feature Product 六角と円を絶妙に融合させた、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作「ROKU(ロク)」の力強い形。