Feature Design フォルマファンタズマ、時空を超えて生まれるオブジェ【前編】

フォルマファンタズマ、時空を超えて生まれるオブジェ【前編】

文:土田貴宏

現代デザインの精鋭たち File.01:歴史のレファレンスから現代性を創造する「フォルマファンタズマ」

フォルマファンタズマ、時空を超えて生まれるオブジェ【前編】

2010年のミラノ・サローネで発表された「Autarchy」。小麦を主な原料にしている。

常識を覆した“パンの器”。

フォルマファンタズマの作品を初めて見たのは、2010年4月のミラノ・サローネの会期中。ミラノを代表するデザインスポット、スパッツィオ・ロッサナ・オルランディの地下の展示スペースに、彼らの「Autarchy」(上写真)がインスタレーションとして展示されていました。この作品は、フォルマファンタズマのひとり、アンドレア・トリマルキの出身地であるシチリアの伝統的な祭典で使われる、聖ジュゼッペを賛美する装飾用のパンからインスピレーションを得たものです。
フォルマファンタズマ、時空を超えて生まれるオブジェ【前編】

「Autarchy」は野菜などで着色されている。

「Autarchy」の素材は主に小麦粉で、農業廃棄物や石灰石を混ぜてつくられています。着色には、色の濃い野菜や根などを使用。液体を入れて使うボトルやフラワーベースは、ビーズワックスと松脂で耐水性を増しているそうです。いずれも実用的な器として、十分な機能が備わっているわけではありません。しかし工業生産に頼らない、環境負荷の低いものづくりのコンセプトの提案として、パンそっくりの器のバリエーションには相当のインパクトがありました。

1 / 2p
Feature Design フォルマファンタズマ、時空を超えて生まれるオブジェ【前編】
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?