Feature Design “ひらかれた器”と出合う、小野哲平の個展に注目。

“ひらかれた器”と出合う、小野哲平の個展に注目。

撮影:森本菜穂子 文:牧野容子

シボネ青山にて10月24日から、陶芸家・小野哲平さんのエキシビションが行われます。いま改めて注目が集まる、小野さんのうつわづくりについてご紹介します。 

“ひらかれた器”と出合う、小野哲平の個展に注目。

この秋、シボネ青山にて注目の展覧会が開催されます。それは陶芸家、小野哲平さんの器(うつわ)展。
2014年のリニューアル以来、長い時間をかけてものと付き合うことを提案しているCIBONE が、一人の陶芸家を取り上げて展覧会をするのは初めての試みです。いったいどんな作品が紹介されるのでしょうか? 高知県の山あいにある小さな村へ、作陶の現場を訪ねました。

Feature Design “ひらかれた器”と出合う、小野哲平の個展に注目。

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。