Feature Design パリで開催された「メゾン・エ・オブジェ」に、インテリアの先端を探る。

パリで開催された「メゾン・エ・オブジェ」に、インテリアの先端を探る。

写真、文:土田貴宏

毎年2回、フランスのパリで行われているインテリアの見本市「メゾン・エ・オブジェ」をご存知でしょうか? 2019年1月に行われたイベントから、注目すべきトレンドを探りました。

パリで開催された「メゾン・エ・オブジェ」に、インテリアの先端を探る。

今回のメゾン・エ・オブジェでデザイナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたドイツのセバスチャン・ヘルクナーによる記念展示。(https://www.sebastianherkner.com/)

世界有数のインテリア・トレンドの発信地であり、毎年1月と9月の2回にわたってパリで開催されている「メゾン・エ・オブジェ」。先日行われた1月展では、世界各国から8万4千人もの人々が会場を訪れました。この国際的なプレゼンテーションの場で、いまこそ押さえておくべきデザインの流れとは、いったいどのようなものでしょうか。目まぐるしく移り変わる流行を超えた、真の意味での時代のトレンドを考えます。

1 / 3p
Feature Design パリで開催された「メゾン・エ・オブジェ」に、インテリアの先端を探る。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。