Feature Design ルフトハンザが30年ぶりに機体デザインを一新、ツルのロゴもすっきりと軽やかに!

ルフトハンザが30年ぶりに機体デザインを一新、ツルのロゴもすっきりと軽やかに!

文:久保寺潤子 写真(人物):米田志津美

ドイツのフラッグ・キャリアとして知られるルフトハンザドイツ航空が、約30年ぶりに機体デザインを一新。この一大リニューアルプロジェクトを統括するアレクサンダー・シュラウビッツ氏に話を伺いました。

ルフトハンザが30年ぶりに機体デザインを一新、ツルのロゴもすっきりと軽やかに!

「空のハンザ同盟」の意味をもつルフトハンザ。中世ドイツの商人組合を連想させるその名にふさわしく、同社は世界初の航空連合であるスターアライアンスを結成。現在はオーストリア航空、スイスインターナショナルエアラインズ、ユーロウィングスとともにグループを形成し、多様なブランドを有する一大企業へと成長しました。

その伝統あるルフトハンザドイツ航空が、30年ぶりに機体のデザインを変更するというニュースが発表されました。2018年2月に新塗装を施したボーイング747-8型機、エアバスA321型機がお披露目され、現在段階的に塗装の切り替えが行われています。今後は機内のアメニティから空港カウンターに至るまで、新たなブランドイメージが順次採用される予定です。

「グループ全体を貫くデザインを生み出すため、800点以上のデザイン作成、独自のカラー開発を経てデザインが完成しました」

そう語るのは、アレクサンダー・シュラウビッツ氏。ルフトハンザグループのデザイン部門を統括する彼が、今回の壮大なプロジェクトについて教えてくれました。

1 / 3p
Feature Design ルフトハンザが30年ぶりに機体デザインを一新、ツルのロゴもすっきりと軽やかに!