Feature Design ルフトハンザが30年ぶりに機体デザインを一新、ツルのロゴもすっきりと軽やかに!

ルフトハンザが30年ぶりに機体デザインを一新、ツルのロゴもすっきりと軽やかに!

文:久保寺潤子 写真(人物):米田志津美

ドイツのフラッグ・キャリアとして知られるルフトハンザドイツ航空が、約30年ぶりに機体デザインを一新。この一大リニューアルプロジェクトを統括するアレクサンダー・シュラウビッツ氏に話を伺いました。

ルフトハンザが30年ぶりに機体デザインを一新、ツルのロゴもすっきりと軽やかに!

「空のハンザ同盟」の意味をもつルフトハンザ。中世ドイツの商人組合を連想させるその名にふさわしく、同社は世界初の航空連合であるスターアライアンスを結成。現在はオーストリア航空、スイスインターナショナルエアラインズ、ユーロウィングスとともにグループを形成し、多様なブランドを有する一大企業へと成長しました。

その伝統あるルフトハンザドイツ航空が、30年ぶりに機体のデザインを変更するというニュースが発表されました。2018年2月に新塗装を施したボーイング747-8型機、エアバスA321型機がお披露目され、現在段階的に塗装の切り替えが行われています。今後は機内のアメニティから空港カウンターに至るまで、新たなブランドイメージが順次採用される予定です。

「グループ全体を貫くデザインを生み出すため、800点以上のデザイン作成、独自のカラー開発を経てデザインが完成しました」

そう語るのは、アレクサンダー・シュラウビッツ氏。ルフトハンザグループのデザイン部門を統括する彼が、今回の壮大なプロジェクトについて教えてくれました。

1 / 3p
Feature Design ルフトハンザが30年ぶりに機体デザインを一新、ツルのロゴもすっきりと軽やかに!
Feature Product カーデザイナー・和田 智がデザインした、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作は、クラシカルな薫りが漂う洗練の腕時計。
PROMOTION

カーデザイナー・和田 智がデザインした、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作は、クラシカルな薫りが漂う洗練の腕時計。

写真:宇田川 淳 文:並木浩一

ISSEY MIYAKEのブランドスピリットを、世界で活躍するプロダクトデザイナーたちが独自のデザインで表現するISSEY MIYAKEウオッチ・プロジェクト。第19弾「U(ユー)」は和田 智のデザインだ。腕時計を革新し続けるプロジェクトへ、3作目の参加だ。

カーデザイナー・和田 智がデザインした、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作は、クラシカルな薫りが漂う洗練の腕時計。

「U」。クオーツ、ステンレス・スティール、ケース径41.1 mm、ホワイトダイヤル、ローマ数字&バーインデックス、 時・分・秒表示、カーブハードレックスガラス風防、ステンレス・スティール製ブレスレット、日常生活用強化防水( 5気圧防水)。¥44,000/ISSEY MIYAKE WATCH(セイコーウオッチ お客様相談室)

ISSEY MIYAKEウオッチ・ プロジェクトに、和田 智が登場。「U (ユー)」は、世界が認めるデザイナーのプロジェクト第3作目だ。
「アウディA5」をはじめ、自動車デザインで瞠目の活動を続けていた和田が、初めて腕時計を手がけたのは7年前のこと。2012年のバーゼルワールドでデビューした第1作「W(ダブリュ)」では腕時計の中に和の感性を忍ばせ、4年後には、より〝腕時計らしさ〞を追究する「Wオートマティック」が誕生。そして今回の「U」は、驚嘆と共感を引き出すデザイナーの、さらに深化した世界観が人々を魅了する。

1 / 2p
Feature Product カーデザイナー・和田 智がデザインした、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作は、クラシカルな薫りが漂う洗練の腕時計。