Feature Design レム・コールハース×ピエール・ポラン 奇跡の家で、夢の競演。

レム・コールハース×ピエール・ポラン 奇跡の家で、夢の競演。

写真:小野祐次 文:髙田昌枝(パリ支局長)

フランスを代表するデザイナー、ピエール・ポランによる未完のプロジェクトを実現する展覧会が、レム・コールハースの設計による「ルモワーヌ邸」で開催された。夢の競演の様子と舞台裏をお届けしよう。

レム・コールハース×ピエール・ポラン 奇跡の家で、夢の競演。

仏ボルドー、ルモワーヌ邸のクルマ寄せのある玄関口。ドアを開けると正面に階段、右手にキッチン。階段の脇は、1階から3階までをぶち抜くエレベーター式のプラットフォームだ。

2019年、フランス・ボルドー郊外のルモワーヌ邸で、『ピエール・ポラン・プログラム──実現しなかった夢』という展覧会が開催された。舞台となったルモワーヌ邸は、かのレム・コールハースが設計を手がけた、通称「ボルドーの家」。通常は非公開のこの家に、1960年代を中心に活躍したピエール・ポランの家具...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
Feature Design レム・コールハース×ピエール・ポラン 奇跡の家で、夢の競演。